FC2ブログ

古賀春江資料室

洋画家・古賀春江(1895-1933)のデータベースを制作中です。

凡例とカテゴリの説明

◯凡例

1.古賀春江が生前に発表した詩や文章を入力するにあたり、以下の文献を底本としました。

●古川智次編 古賀春江文集『写実と空想』(中央公論美術出版) 1984年10月20日発行(初版)

上記の文献の「あとがき」(編者による)には「編集にあたっては、原文を尊重することにし、明らかな誤字・脱字には正しい文字を添え、若干の難字にはルビを付した。」との但し書きが記されていますが、ブログの形式では底本を完璧に再現するのは困難なので、当ブログでは底本をなるべく正確に入力するために以下の体裁を採りました。

 誤字例  広々とした田甫の〔#「甫」の横に「圃」〕中に
      不思議な情奇の〔#「情奇」に「ママ」の注記〕虜となる
 脱字例  凍るばかりの水の中へ丸裸〔を〕浸すのである
 ルビ例  その心算《つもり》で見て欲しい
      周囲が又│恁那《こんな》│風ですから

くの字点は「/\」で、濁点付きくの字点は「/″\」で、傍点の付いた文字は太字で表しました。
また、今日の人権意識に照らして不適切と思われる語句・表現については、時代的背景と作品価値を鑑み、文学作品の原文を尊重する立場からそのままとしました。
初出データに関しては以下の文献を参照しました。

●図録『新しい神話がはじまる。古賀春江の全貌』(2010年、東京新聞)所収「主要文献」(石橋美術館、神奈川県立近代美術館編)

2.「作品目録」の各項目は、タイトル、制作年、技法・材質、寸法(タテ×ヨコ)の順に記載しました。寸法の単位は(cm)ですが、文中では省略しました。また、画家の生前に展覧会に出品された作品については、初出の展覧会名を記載しました。
「作品目録」を作成するにあたり、主に以下の文献・ウェブサイトを参照しました。

●図録『新しい神話がはじまる。古賀春江の全貌』(東京新聞) 2010年発行
●図録『詩情と幻想の世界 古賀春江回顧展―生誕80周年記念―』(福岡県文化会館) 1975年11月8日発行
●図録『古賀春江資料展』(北九州市立美術館) 1976年6月26日発行
●図録『古賀春江 創作の原点 作品と資料でさぐる』(ブリヂストン美術館、石橋美術館) 2001年発行
●古川智次編『近代の美術 第36号 古賀春江』(至文堂) 1976年9月1日発行(初版)
独立行政法人国立美術館 所蔵作品総合目録検索システム http://search.artmuseums.go.jp/

3.「作品の紹介」の各項目は、タイトル、タイトルの英訳(不明の場合は省略)、制作年、技法・材質、寸法(タテ×ヨコ)、所蔵者名、展覧会歴、出典の順に記載しました。「展覧会歴」にあげた展覧会は原則として初出展、個展および古賀春江の作品が相当数出品された展覧会に限りました。記載事項は開催年、展覧会名、会場、出品番号の順です。なお、作品の図版はサムネイル表示であり、クリックすると拡大された図版が表示されます。

◯カテゴリの説明

「未分類」 どこに分類していいか判らなかった記事を掲載しております。
「詩」 古賀春江が生前に雑誌で発表した詩、または没後に詩画集『古賀春江』(春鳥会、1934年)に初めて収録された詩が掲載されています。
「解題詩」 『古賀春江畫集』(第一書房、1931年)に収録された絵の解題詩が掲載されています。
「評論・随筆等」 古賀春江が生前、雑誌に発表した評論や随筆、その他雑文が掲載されています。
「書簡」 古賀春江が他者に宛てた葉書・手紙の文面が掲載されています。
「作品の紹介」 当ブログのメインコンテンツです。現存する古賀春江の絵画作品の図版を可能な限り掲載してカタログレゾネを制作する予定です。
「作品の紹介(参考)」 古賀春江の絵画作品のうち戦争による混乱などで行方不明のもの、または、古賀春江作とされていても偽作の疑いがあるものの図版を参考資料として掲載しました。
「文献の紹介」 古賀春江に関する重要文献を写真付きで紹介しております。
「作品目録」 古賀春江の絵画作品の目録です。閲覧者の便宜を図るために技法別、所蔵者別に分類しました。なお、古賀春江作とされていても偽作の疑いがあるものは除外しております。
「文献目録」 古賀春江の自筆文献、または古賀春江に関する記述のある文献の目録です。
「人物事典」 古賀春江と関わりのある人物のプロフィールを掲載しました。
「限定公開」 所蔵者の許可が得られなかったために当ブログで公開できない作品図版をパスワードを用いて限定公開しております。
  1. 2021/01/01(金) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

当ブログの主宰者からの告知

◯現在、以下のアンティーク絵葉書を探しております。

古賀春江《涅槃》(第10回二科展) 原色版
古賀春江《》(第11回二科展) 原色版
古賀春江《》(第12回二科展) 原色版
古賀春江《動物》(第14回二科展) 原色版
古賀春江《黄色のレンズ》(第17回二科展) 原色版
古賀春江《仮説の定理》(第18回二科展) 原色版

当方は以上の絵葉書の購入を検討しておりますので、これらの絵葉書をお持ちで譲っても構わないという方は是非メールフォーム宛に御一報下さい。

◯現在、以下の目録を探しております。

目録『古賀春江氏遺作水彩画展』(1933年、銀座紀伊國屋ギャラリー)
目録『古賀春江遺作回顧展覧会』(1935年、新宿紀伊國屋書店ギャラリー)
目録『古賀春江遺作展覧会』(1941年、銀座資生堂ギャラリー)
目録『古賀春江遺作油絵水彩展覧会』(1941年、日動画廊)
目録『異色作家展シリーズ第29回 古賀春江展』(1963年、渋谷東横 東館7階画廊)
目録『古賀春江の水彩』(1965年、東京国立近代美術館)
目録『詩情と幻想の画家 古賀春江展』(1981年、大牟田市・いづみ画廊)

当方は以上の目録の購入を検討しておりますので、これらの目録をお持ちで譲っても構わないという方は是非メールフォーム宛に御一報下さい。
  1. 2020/01/01(水) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

賴怡真

賴怡真(らい・いしん) 日本文学者(日本近現代文学専攻、宮沢賢治研究)。台湾東呉大学日本語文学系修士課程卒業後、日本へ留学し、九州大学大学院比較社会文化学府博士後期課程修了。2015年5月に九州大学大学院比較社会文化学府博士号(文学)取得。現在は天主教輔仁大學日本語文學系兼任助理教授。博士論文に「宮澤賢治文学におけるヴァージョンの生成」(九州大学、2015年5月)、著書に『台日交流文学特別展覧会図録』(国立台湾文学館、2016年2月)、『宮澤賢治短編小説集Ⅱ』(好讀出版社、2017年3月)などがある。「国際文学倫理学批評研究会 第八回」(2018年7月28日)で「1930年代台日シュルレアリスム詩/絵画におけるアダプテーション―楊熾昌と東郷青児、饒正太郎と古賀春江を例として」という講演を行った。
  1. 2019/01/02(水) 18:39:24|
  2. 人物事典
  3. | コメント:0

《裸婦》




裸婦

制作年未詳
油彩・カンヴァス
53.2×65cm
右下にサイン:Koga-Harué
所在未確認

掲載文献:
目録『第400回毎日オークション 2013.4.6』(毎日オークション、2013年) no.105



出典(図版):目録『第400回毎日オークション 2013.4.6』(毎日オークション、2013年)p.123
出典(作品データ):目録『第400回毎日オークション 2013.4.6』(毎日オークション、2013年)p.123


〈解説〉
「東京美術倶楽部鑑定委員会」鑑定証書付。オークション開始価格400〜600万円。現在、所在不明。
  1. 2017/12/16(土) 20:59:54|
  2. 作品の紹介(参考)
  3. | コメント:0

《梅》





Plum blossoms

1920年頃
鉛筆、水彩・紙
28.5×39cm
左下にサイン:HARUÉ KOGA
所在未確認

展覧会歴:
1975年 「古賀春江回顧展─生誕80周年記念─」(福岡県文化会館) no.38
1976年 「古賀春江資料展」(北九州市立美術館) no.19



出典(図版):図録『古賀春江回顧展─生誕80周年記念─』(福岡県文化会館、1975年)n.p.
出典(作品データ):目録『古賀春江資料展』(北九州市立美術館、1976年)n.p.
  1. 2017/12/14(木) 20:00:46|
  2. 作品の紹介(参考)
  3. | コメント:0

《センメンキ》

scan-007_2_convert_20171210140031.jpg


センメンキ

制作年未詳
水彩・紙
23×32.2cm
左下にサイン:HARUÉ KOGA
所在未確認

展覧会歴:
1975年 「古賀春江回顧展─生誕80周年記念─」(福岡県文化会館) no.41



出典(図版):図録『古賀春江回顧展─生誕80周年記念─』(福岡県文化会館、1975年)n.p.
出典(作品データ):図録『古賀春江回顧展─生誕80周年記念─』(福岡県文化会館、1975年)p.119
  1. 2017/12/10(日) 14:31:39|
  2. 作品の紹介(参考)
  3. | コメント:0

金井美恵子

金井美恵子(かない・みえこ) 1947年11月3日〜

小説家。群馬県高崎市生まれ。[著名な人物につき、プロフィールのうち古賀春江と関係の無い部分を省略致しました。お知りになりたい方は各種人物事典を御参照下さい。]小説『あかるい部屋のなかで』(福武書店、1986年)で古賀春江《海》について「鈍重で無感覚で、なかなか射精できないでかすぎる男根みたいな飛行船というしろものは、古賀春江の古めかしいうえに貧乏くさく、シュルレアリスムというより田舎の未来派とでも言うべき絵を思い出させて、空に浮かんでいるのを見ると苛々する。」と手厳しく批評している(註1)。


(註1)金井美恵子『あかるい部屋のなかで』(福武書店、1986年)p.37
  1. 2017/09/15(金) 14:28:12|
  2. 人物事典
  3. | コメント:0

《婦人像》

婦人像


婦人像

1919年頃
水彩・紙
49×32cm
中野美術館

掲載文献:
目録『中野美術館 作品選』(中野美術館、2014年)pl.105



出典(図版):目録『中野美術館 作品選』(中野美術館、2014年)p.91
出典(作品データ):目録『中野美術館 作品選』(中野美術館、2014年)p.143


〈解説〉
この作品はもともとスケッチブックに描かれたもので、写生風の作品である。モデルは、その顔付きから後に夫人となる岡好江かと思われ、好江を描いた数点の作品中でも早い時期のものであろう。


※当作品の図版は中野美術館様から掲載許可を頂いております。
  1. 2016/09/23(金) 00:19:17|
  2. 作品の紹介
  3. | コメント:0

《干物》

干場_convert_20160311210841


干物

1919年
油彩(支持体不明)
62×51.5cm
個人蔵

展覧会歴:
1953年 「小出楢重・古賀春江展」(神奈川県立近代美術館) no.3



出典(図版):目録『古賀春江展』(神奈川県立近代美術館 鎌倉、1953年)n.p.
出典(作品データ):目録『古賀春江展』(神奈川県立近代美術館 鎌倉、1953年)n.p.


〈解説〉
古賀春江が油彩を描き始めてごく初期の作品。1955年に「古賀春江同好会」の名前で東京国立近代美術館に古賀の遺作が一括寄贈されたが、おそらくその一連のものと思われる。ただ、何らかの理由で寄贈対象から外されたものと推測される。


※当作品の図版は個人蔵ということで本来なら所有者様から掲載許可を頂かなければならないのですが、それが困難なので、代わりに古賀春江研究の第一人者である森山秀子氏(石橋美術館)から掲載許可を頂いております。
  1. 2016/03/11(金) 21:12:30|
  2. 作品の紹介
  3. | コメント:0

《婦人像》

婦人像_convert_20160311170755


婦人像

1919年
油彩(支持体不明)
55×47cm
個人蔵

展覧会歴:
1953年 「小出楢重・古賀春江展」(神奈川県立近代美術館) no.2



出典(図版):目録『古賀春江展』(神奈川県立近代美術館 鎌倉、1953年)n.p.
出典(作品データ):目録『古賀春江展』(神奈川県立近代美術館 鎌倉、1953年)n.p.


〈解説〉
古賀春江が油彩を描き始めてごく初期の作品。1955年に「古賀春江同好会」の名前で東京国立近代美術館に古賀の遺作が一括寄贈されたが、おそらくその一連のものと思われる。ただ、何らかの理由で寄贈対象から外されたものと推測される。


※当作品の図版は個人蔵ということで本来なら所有者様から掲載許可を頂かなければならないのですが、それが困難なので、代わりに古賀春江研究の第一人者である森山秀子氏(石橋美術館)から掲載許可を頂いております。
  1. 2016/03/11(金) 17:23:43|
  2. 作品の紹介
  3. | コメント:0
次のページ