古賀春江資料室

洋画家・古賀春江(1895-1933)のデータベースを制作中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

図版の掲載許可を得るための交渉をした際に受けた不快な応対

2011年9月上旬、古賀春江《船着場》(水彩、1926年)の図版の掲載許可を得るためにパーフェクトリバティー教団(PL教団)に問い合わせをした際、数日間かけてブログの全ページを調べられた後に(アクセス解析で確認しました。)掲載不可を言い渡された上、理由を尋ねてもまともに答えてくれないという非常に不快な応対を受けました。新興宗教らしい非常に閉鎖的な応対で閉口しました。古賀春江《埋葬》(油彩、1922年)の図版の掲載許可を求めて知恩院(浄土宗)に問い合わせをした時にはそのようなことはありませんでした。ただ、掲載不可を言い渡されても「限定公開」(図版を閲覧したい人のみにパスワードを教えて閲覧を許可する)という形で公開はできるので(この場合、グーグルの検索エンジンに画像がインデックスされることはありませんので、PL教団側にとっても不都合はありません。)それ以上の交渉はしませんでしたが。また、古賀春江《赤い風景》(水彩、1926年)の図版の掲載許可を求めて福島県立美術館に問い合わせをした際にも、堀宜雄氏という学芸員からあまり感じの良くない応対をされました。メールを転載しないようにと言われたので、ここでは内容については書きませんが。
スポンサーサイト
  1. 2013/09/18(水) 11:00:00|
  2. 雑記
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。