古賀春江資料室

洋画家・古賀春江(1895-1933)のデータベースを制作中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

動物 (五〇号M) 一九ニ七年

鳥も魚も獣類も花も水も等しく言葉を持つてゐる。
会話をする。恋もある。泪を流す。

形そのものがそこにさう在るといふこと──
それを理解出来るか。
私はそれを聞きとる機械になりたい。



初出:『古賀春江画集』(1931年、第一書房)
底本:古賀春江文集『写実と空想』(中央公論美術出版)p.65
スポンサーサイト
  1. 2011/05/31(火) 18:00:00|
  2. 解題詩
  3. | コメント:0

《魚市場》

魚市場


魚市場

1924年
油彩・カンヴァス
行方不明

展覧会歴:
1924年 「第5回中央美術展」(上野竹之台陳列館) 中央美術賞
1934年 「第21回二科展」遺作特陳(東京府美術館)



出典(図版):第21回二科展絵葉書(カラー)
出典(作品データ):図録『詩情と幻想の世界 古賀春江回顧展―生誕80周年記念―』(1975年、福岡県文化会館)p.139


※下絵はこちらへ。
  1. 2011/05/05(木) 18:00:00|
  2. 作品の紹介(参考)
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。