古賀春江資料室

洋画家・古賀春江(1895-1933)のデータベースを制作中です。

《風景》

風景


風景
Landscape

1926年
油彩・カンヴァス
53.4×45.7cm
左下にサイン:H.Koga
個人蔵

展覧会歴:
1926年 「第7回中央美術展」(上野日本美術協会列品館)
1996年 「麗しき前衛の時代──古賀春江と三岸好太郎」(茨城県近代美術館・石橋美術館) no.K-29
2010年 「新しい神話がはじまる。古賀春江の全貌」(石橋美術館・神奈川県立近代美術館) no.90

掲載文献:
古川智次「図版解説」 古川智次編『近代の美術36 古賀春江』(至文堂、1976年)pl.79
阿野露団『長崎を描いた画家たち(上)』(形文社、1988年)p.28



出典(図版):図録『麗しき前衛の時代──古賀春江と三岸好太郎』(1996年、茨城県近代美術館・石橋美術館)p.87
出典(作品データ):図録『新しい神話がはじまる。古賀春江の全貌』(2010年、東京新聞)p.208


〈解説〉
この作品は古賀春江が没した当時は竹内清・長崎医科大学病理学第一講座主任教授が所蔵していた。


※当作品の図版は個人蔵ということで本来なら所有者様から掲載許可を頂かなければならないのですが、それが困難なので、代わりに古賀春江研究の第一人者である森山秀子氏(石橋美術館)から掲載許可を頂いております。

※最終加筆:2015年6月6日(解説)
  1. 2011/10/29(土) 18:00:00|
  2. 作品の紹介
  3. | コメント:0

《山ノ手風景》

山ノ手風景


山ノ手風景
Uptown Scene

1928年
油彩・カンヴァス
90.5×72cm
左下にサイン:KOGA-HARUE
個人蔵

展覧会歴:
1928年 「第15回二科展」(東京府美術館) no.106
1934年 「第21回二科展」遺作特陳(東京府美術館) no.568
1934年 「第23回来目会展」遺作特陳(久留米商業会議所) no.3
1935年 「古賀春江遺作回顧展」(新宿紀伊國屋ギャラリー) no.29
1958年 「没後25年記念 古賀春江展」(石橋美術館)
1975年 「古賀春江回顧展─生誕80周年記念─」(福岡県文化会館) no.96
1981年 「詩情と幻想の画家 古賀春江展」(大牟田市 いづみ画廊) no.2
1986年 「古賀春江──前衛画家の歩み」(石橋美術館・ブリヂストン美術館) no.30
1996年 「麗しき前衛の時代──古賀春江と三岸好太郎」(茨城県近代美術館・石橋美術館) no.K-41
2010年 「新しい神話がはじまる。古賀春江の全貌」(石橋美術館・神奈川県立近代美術館) no.110

掲載文献:
里見勝蔵「第十室」 『中央美術』14巻9号(1928年9月)p.46
志保谷達郎「二科展洋画評」 『美之國』4巻10号(1928年10月)p.59
中山巍他「二科連評」 『みづゑ』284号(1928年10月)p.13
『古賀春江画集』(第一書房、1931年)pp.13-14
詩画集『古賀春江』(春鳥会、1934年)p.113
『牛を焚く―古賀春江詩画集―』(東出版、1974年)p.63
古川智次「図版解説」 古川智次編『近代の美術36 古賀春江』(至文堂、1976年)pl.86
古川智次編『古賀春江文集 写実と空想』(中央公論美術出版、1984年)p.68



出典(図版):図録『麗しき前衛の時代──古賀春江と三岸好太郎』(1996年、茨城県近代美術館・石橋美術館)p.97
出典(作品データ):図録『新しい神話がはじまる。古賀春江の全貌』(2010年、東京新聞)p.211


〈解説〉
後日追記予定。


※当作品の図版は個人蔵ということで本来なら所有者様から掲載許可を頂かなければならないのですが、それが困難なので、代わりに古賀春江研究の第一人者である森山秀子氏(石橋美術館)から掲載許可を頂いております。

※解題詩はこちらへ。
  1. 2011/10/26(水) 18:00:00|
  2. 作品の紹介
  3. | コメント:0

《無題》

無題


無題
Untitled

1932年頃
油彩・カンヴァス
72.5×60cm
右下にサイン:H.KOGA
個人蔵

展覧会歴:
1963年 異色作家展シリーズ第29回「古賀春江展」(渋谷東横デパート)
1975年 「古賀春江回顧展─生誕80周年記念─」(福岡県文化会館) no.112
1981年 「詩情と幻想の画家 古賀春江展」(大牟田市 いづみ画廊) no.10
1986年 「古賀春江──前衛画家の歩み」(石橋美術館・ブリヂストン美術館) no.45
1996年 「麗しき前衛の時代──古賀春江と三岸好太郎」(茨城県近代美術館・石橋美術館) no.K-59
2010年 「新しい神話がはじまる。古賀春江の全貌」(石橋美術館・神奈川県立近代美術館) no.146

掲載文献:
古川智次編『近代の美術36 古賀春江』(至文堂、1976年)pl.105
図録『描いた、生きた、情熱の軌跡 夭折の洋画家たち展』(日本経済新聞社、1993年)



出典(図版):図録『麗しき前衛の時代──古賀春江と三岸好太郎』(1996年、茨城県近代美術館・石橋美術館)p.140
出典(作品データ):図録『新しい神話がはじまる。古賀春江の全貌』(2010年、東京新聞)p.216


〈解説〉
この作品は1975年の大回顧展当時は九州電力が所蔵していたが、その後、個人蔵になった。


※当作品の図版は個人蔵ということで本来なら所有者様から掲載許可を頂かなければならないのですが、それが困難なので、代わりに古賀春江研究の第一人者である森山秀子氏(石橋美術館)から掲載許可を頂いております。
  1. 2011/10/25(火) 18:00:00|
  2. 作品の紹介
  3. | コメント:0

《赤い風景》

赤い風景


赤い風景
Red Scene

1926年
水彩・紙
38.8×56.5cm
福島県立美術館

展覧会歴:
1926年 「第13回日本水彩画会展」(上野竹之台陳列館)
1934年 「第21回日本水彩画会展」遺作特陳(東京府美術館)
1934年 「第23回来目会展」遺作特陳(久留米商業会議所) no.12
1975年 「古賀春江回顧展─生誕80周年記念─」(福岡県文化会館) no.79
1986年 「古賀春江──前衛画家の歩み」(石橋美術館・ブリヂストン美術館) no.81
1996年 「麗しき前衛の時代──古賀春江と三岸好太郎」(茨城県近代美術館・石橋美術館) no.K-31
2010年 「新しい神話がはじまる。古賀春江の全貌」(石橋美術館・神奈川県立近代美術館) no.87



出典(図版):図録『麗しき前衛の時代──古賀春江と三岸好太郎』(1996年、茨城県近代美術館・石橋美術館)p.89
出典(作品データ):図録『新しい神話がはじまる。古賀春江の全貌』(2010年、東京新聞)p.208


※解題詩はこちらへ。
  1. 2011/10/24(月) 18:00:00|
  2. 作品の紹介
  3. | コメント:0

宮川寅雄『講談社版 日本近代絵画全集9 萬鉄五郎・小出楢重・古賀春江』(1963年、講談社)

日本近代絵画全集9


『講談社版 日本近代絵画全集9 萬鉄五郎・小出楢重・古賀春江』


内容:

まえがき  p.4
萬鉄五郎 大正アヴァンギャルドの秘密  p.8
小出楢重 その典麗な油彩の周辺  p.36
古賀春江 日本シュール・リアリズムの発生  p.56
本文目次  p.68
図版目次  p.68
 古賀春江
  37.埋葬  p.57
  38.窓際の女  p.58
  39.煙火  p.58
  40.素朴な月夜  p.61
  41.窓外の化粧  p.62
  42.海  p.62
  43.深海の情景  p.65
  44.そこに在る  p.66
  45.サアカスの景  p.66
 (萬鉄五郎と小出楢重は省略)
萬鉄五郎年譜  p.69
小出楢重年譜  p.70
古賀春江年譜  p.71

月報(付録)
萬さんの思い出 井上長三郎(洋画家)  p.1
萬先生と私 原精一(洋画家)  p.1
小出楢重のこと 鍋井克之(洋画家)  p.3
古賀春江の片鱗 中川紀元(洋画家)  p.4


奥付:

講談社版
日本近代絵画全集 全24巻
第10回配本 第9巻 萬鉄五郎・小出楢重・古賀春江
発行 昭和38年2月10日 第1刷
定価 600円
著者 宮川寅雄
装幀 桑田雅一
レイアウト 桑田雅一
発行人 野間省一
原色版 株式会社 光村原色版印刷所
活版 大日本印刷株式会社
写真版・凸版 株式会社 興陽社
用紙 日本パルプ興業株式会社
   三菱製紙株式会社
製本 株式会社 鈴木製本所
発行所 株式会社 講談社
    東京都文京区音羽町3-19
ⓒ 1963,KODANSHA,Tokyo. N.D.C.720 29×23cm,72p, Printed in Japan.
  1. 2011/10/19(水) 18:00:00|
  2. 文献の紹介
  3. | コメント:0

『古賀春江畫集』(1931年、第一書房)

古賀春江畫集


『古賀春江畫集』 解題:古賀春江


内容:

図版
 水彩《梅》
 油繪《風景》
 水彩《花》
 水彩《赤い風景》
 水彩《船着場》
 水彩《風景》
 水彩《美しき博覧會》
 水彩《窓外風景》
 水彩《樹立》
 水彩《牛を焚く》
 油繪《動物》
 油繪《窓》
 油繪《煙花》
 油繪《蝸牛のゐる田舎》
 油繪《山手風景》
 油繪《樹下三人》
 油繪《海》
 油繪《鳥籠》
 油繪《素朴な月夜》
 油繪《題のない畫》
 油繪《漁夫》
 水彩《朗らかな春》
 水彩《美貌なる虚無》
 水彩《優美なる遠景》
 水彩《彎曲せる眼鏡》
 油繪《窓外の化粧》
 油繪《女のまはり》
 油繪《單純な哀話》
 油繪《黃色のレンズ》
 油繪《嚴しき傳統》
 油繪《感傷の靜脈》

解題詩
 「」  p.1
 「風景」  p.1
 「」  p.2
 「赤い風景」  p.2
 「船着場」  p.3
 「風景」  p.4
 「美しき博覧會」  p.4
 「窓外風景」  p.6
 「樹立」  p.7
 「牛を焚く」  p.8
 「動物」  p.9
 「」  p.10
 「煙火」  p.11
 「蝸牛のゐる田舎」  p.12
 「山手風景」  p.13
 「樹下三人」  p.14
 「」  p.15
 「鳥籠」  p.16
 「素朴な月夜」  p.18
 「題のない畫」  p.18
 「漁夫」  p.19
 「朗らかな春」  p.20
 「美貌なる虚無」  p.21
 「優美なる遠景」  p.21
 「彎曲せる眼鏡」  p.22
 「窓外の化粧」  p.22
 「女のまはり」  p.23
 「單純な哀話」  p.24
 「黃色のレンズ」  p.24
 「嚴しき傳統」  p.26
 「感傷の靜脈」   p.26


奥付は無し。ただし、裏表紙に以下の記述あり。

東京 第一書房刊
刊行者 長谷川巳之吉
定價五十錢
  1. 2011/10/18(火) 18:00:00|
  2. 文献の紹介
  3. | コメント:0

著述文献

単行書
『古賀春江畫集』 第一書房 1931年 解題:古賀春江 *
 ※作品図版:モノクロ31 自作解題詩31篇

逐次刊行物
研究所第七回新年会に就て」 『みづゑ』109号(1914年3月)pp.29-31 *
古賀他「二科院展に於ける一作家及一作品に対する感想」 『みづゑ』152号(1917年10月)p.20 *
第六回日本水彩画会展覧会所感」 『読売新聞』1919年4月8日 *
                 『みづゑ』171号(1919年5月)pp.27-29
                 『絵画清談』7巻5号(1919年5月)
『鶏小屋』に就て」 『みづゑ』171号(1919年5月)p.30 *
 ※図版掲載《鶏小屋》n.p.
歌劇界の花形 黒田達人君」 『花形』1巻6号(1919年7月)pp.126-127 *
古賀他「第一回帝展概感」 『みづゑ』177号(1919年11月)p.32 *
古賀他「第一回帝展合評」 『みづゑ』177号(1919年11月)pp.34-47
水絵の象徴性に就て」 『みづゑ』 186号(1920年8月)pp.2-6 *
来目洋画展評」 『筑後新聞』(1922年5月) *
「渡辺氏への駁論 」(上)(下) 『朝日新聞』1923年3月14日・15日
仏蘭西現代美術展覧会を観る」 『みづゑ』219号(1923年5月)pp.12-14 *
水絵の職能とその限界に就いて」 『みづゑ』222号(1923年8月)pp.2-3 *
 ※図版掲載《公園の松の木》n.p.
古賀他「新東京の美観問題」 『みづゑ』225号(1923年11月)p.33
喜ばしき船出―『新しき時代の精神に送る』の著者へ」 『みづゑ』229号(1924年3月)pp.2-4 *
日暮里駅」 『中央美術』11巻3号(1925年3月)pp.68-70 *
古賀他「春展寸感」 『アトリヱ』2巻4号(1925年4月)pp.48-49 *
古賀他「美術家家勢調査」 『中央美術』11巻6号(1925年6月)p.65 *
古賀他「諸作家の材料調査」 『中央美術』11巻9号(1925年9月)p.92 *
古賀他「美術家の生ひ立ちと其環境(三)」 『アトリヱ』2巻11号(1925年11月)pp.109-111 *
銀ブラ、浅草観音―画中日記」 『中央美術』12巻2号(1926年2月)pp.168-170 *
」 『マロニエ』2巻3号(1926年3月)p.3 *
造型第一回作品展覧会を観る」 『みづゑ』255号(1926年5月)pp.25-27 *
 ※図版掲載《花》p.45
橋本八百二氏・堀田喜代治氏洋画展感」 『中央美術』12巻7号(1926年7月)pp.98-99 *
春素描」 『中央美術』12巻8号(1926年8月)pp.128-130 *
短詩六つ(坂、花園で、港、七月、関連、或る夜更)」 『みづゑ』258号(1926年8月)pp.30-32 *
古賀他「回答―全日本的綜合展覧会創設の可否」 『アトリヱ』3巻9号(1926年9月)p.25
思ひつく事など―二科と院展 新人の生活態度と其芸術観」 『美之國』2巻10号(1926年10月)pp.29-30 *
造型第二回展感」 『みづゑ』260号(1926年10月)pp.28-29 *
日本水彩画会展覧会感」 『中央美術』13巻3号(1927年3月)pp.164-170 *
古賀他「帝展絵画全評」 『中央美術』13巻11号(1927年11月)pp.28-43
至上主義者の弁」 『アルト』7号(1928年11月)pp.27-29 *
あんなに泣いてはいけない―艦隊入港試写の後に」 『中央美術』15巻1号(1929年1月)pp.88-89 *
鬼夜の話」 『中央美術』15巻2号(1929年2月)pp.95-98 *
第四回本郷展を観る」 『みづゑ』288号(1929年2月)pp.21-22 *
第四回一九三〇年展感」 『みづゑ』288号(1929年2月)pp.22-23 *
銀色の審美学(海辺風景、少年の願望、点景)」 『みづゑ』289号(1929年3月)pp.18-19 *
第六回槐樹社展覧会感」 『美術新論』4巻4号(1929年4月)pp.31-36 *
青空に描く素描―五月礼讃」 『中央美術』15巻5号(1929年5月)p.74 *
第七回春陽会を観る」 『みづゑ』291号(1929年5月)pp.13-16 *
「素朴な月夜」 『アトリヱ』6巻9号(1929年9月)n.p.
「『素朴な月夜』に就いて」 『若草』5巻10号(1929年10月)n.p.
円筒形の画像(宇宙の爪、古き窓、晩餐、直線の如きもの、点景)」 『みづゑ』296号(1929年10月)pp.10-11 *
とりとめもなく―送年随筆」 『文藝春秋』7年12号(1929年12月)pp.51-52 *
ぼんやりした話」 『婦人サロン』1巻4号(1929年12月)pp.157-160 *
「アポロンの花(創造 空間の整理、感傷)」 『詩神』6巻1号(1930年1月)pp.160-163 *
題のない画」 『アトリヱ』7巻1号(1930年1月)n.p. *
 ※口絵と自作解説
超現実主義私感」 『アトリヱ』7巻1号(1930年1月)pp.53-58 *
弱気」 『アトリヱ』7巻1号(1930年1月)pp.80-82 *
「腕力の讃―三月の手帖」 『香蘭』8巻3号(1930年3月)p.40
道徳的なる一つの門(朦朧とした眼鏡)」 『セレクト』1巻4号(1930年4月)p.5 *
古賀他「文芸・美術・建築・機械の交流に就いて語る―第八十回新潮合評会」 『新潮』27年4号(1930年4月)pp.133-153
 ※座談会
奉讃展記」 『アトリヱ』7巻5号(1930年5月)pp.44-49 *
『窓外の化粧』に就いて」 『みづゑ』307号(1930年9月)n.p. *
 ※口絵と自作解説
極めて鮮明なる文明の縞(歓喜と欲望の定規、遊泳する腕の眼鏡、爪)」 『みづゑ』307号(1930年9月)pp.9-11 *
現代絵画の動向に就いて」 『クロツキー』6号(1930年9月) *
我国の新しい絵画と画壇に就いて―新しき趣味知識」 『婦人サロン』2巻10号(1930年10月)pp.81-84 *
古賀他「今年の優作を挙げる」 『アトリヱ』7巻12号(1930年12月)p.27
古賀他「不平不満の解放 寸言・不平不満」 『アトリヱ』7巻12号(1930年12月)p.57 *
古賀他「一九三〇年の印象・ABC」 『近代生活』2巻12号(1930年12月)p.34
古賀他「お正月の気持のよかつたもてなし方」 『婦人サロン』3巻1号(1931年1月)p.57
「広告風船―新時世粧」 『週刊朝日』19巻17号(1931年4月5日)p.3 *
「街の天使―五月の女」 『週刊朝日』19巻21号(1931年5月3日)p.26
「機械と美術」 『若草』7巻6号(1931年6月)pp.109-110
「牛を焚く他二篇(美貌なる虚無、彎曲せる眼鏡)」 『セルパン』3号(1931年7月)pp.8-9 *
洋傘―もだん衣装哲学」 『週刊朝日』20巻15号(1931年10月1日)pp.80-82 *
ある日の日記(月夜、素描、季節の魅惑)」 『みづゑ』322号(1931年12月)pp.16-17 *
新興リアリズムに就て」 『ヒューザン』11号(1932年2月) *
早春随想―麗日風景」 『文學時代』4巻4号(1932年4月)pp.26-29 *
写実と空想 或は具象と抽象」 『ヒューザン』12号(1932年4月) *
海の夏祭り」 『美之國』8巻8号(1932年8月)pp.34-35 *
古賀他「展覧会前景」 『美術新論』7巻9号(1932年9月)pp.54-55 *
「アトリエをめぐる」 『若草』8巻9号(1932年9月)n.p.
 ※談話
」 『美術新論』7巻10号(1932年10月)pp.70-71 *
「秋―シークエンス」 『週刊朝日』22巻17号(1932年10月9日)p.3
古賀他「印象に残る元旦」 『週刊朝日』23巻2号(1933年1月2日)p.45
詩抄(『存在』について、反省、日常)」 『美術新論』8巻4号(1933年4月)pp.60-61 *
春の街頭」 『美之國』9巻4号(1933年4月)pp.52-53 *
新傾向絵画と二科」 『アトリヱ』10巻9号(1933年9月)pp.40-42 *
詩抄(青い海、白い曇り日、夜の夢、季節の確信)」 『美術新論』8巻9号(1933年9月)p.33 *
「サーカスの景」 『みづゑ』343号(1933年9月)n.p.
 ※口絵と自作解説
詩抄(動物園の白熊、淋しき、顔、川端にて)」 『みづゑ』343号(1933年9月)p.17 *
「遺稿(港、朦朧とした眼鏡)」 『中央美術』復興16号(1934年11月)pp.33-34 *


最終加筆:2013年8月20日
  1. 2011/10/16(日) 18:00:00|
  2. 文献目録
  3. | コメント:0

《婦人像》

婦人像(表)

(表)


婦人像(裏)

(裏)


婦人像
Portrait of a Woman

制作年未詳
水彩・紙
58.5×48cm
茨城県近代美術館

展覧会歴:
1975年 「古賀春江回顧展─生誕80周年記念─」(福岡県文化会館) no.30
1986年 「古賀春江──前衛画家の歩み」(石橋美術館・ブリヂストン美術館) no.66
1996年 「麗しき前衛の時代──古賀春江と三岸好太郎」(茨城県近代美術館・石橋美術館) no.K-6
2010年 「新しい神話がはじまる。古賀春江の全貌」(石橋美術館・神奈川県立近代美術館) no.17



出典(図版):図録『麗しき前衛の時代──古賀春江と三岸好太郎』(1996年、茨城県近代美術館・石橋美術館)p.29 (表)
      :図録『麗しき前衛の時代──古賀春江と三岸好太郎』(1996年、茨城県近代美術館・石橋美術館)p.175 (裏)
出典(作品データ):図録『新しい神話がはじまる。古賀春江の全貌』(2010年、東京新聞)p.200


※当作品の図版は茨城県近代美術館様から掲載許可を頂いております。
  1. 2011/10/15(土) 18:00:00|
  2. 作品の紹介
  3. | コメント:0

《物乞》

物乞


物乞
Beggar

1922年頃
油彩・カンヴァス
71.5×90cm
茨城県近代美術館

展覧会歴:
1975年 「古賀春江回顧展─生誕80周年記念─」(福岡県文化会館) no.51
1986年 「古賀春江──前衛画家の歩み」(石橋美術館・ブリヂストン美術館) no.5
1996年 「麗しき前衛の時代──古賀春江と三岸好太郎」(茨城県近代美術館・石橋美術館) no.K-13
2010年 「新しい神話がはじまる。古賀春江の全貌」(石橋美術館・神奈川県立近代美術館) no.42

掲載文献:
古川智次「図版解説」 古川智次編『近代の美術36 古賀春江』(至文堂、1976年)pl.57



出典(図版):図録『麗しき前衛の時代──古賀春江と三岸好太郎』(1996年、茨城県近代美術館・石橋美術館)p.53
出典(作品データ):図録『新しい神話がはじまる。古賀春江の全貌』(2010年、東京新聞)p.203


〈解説〉
後日追記予定。


※当作品の図版は茨城県近代美術館様から掲載許可を頂いております。

※最終加筆:2015年2月8日(掲載文献)
  1. 2011/10/14(金) 18:00:00|
  2. 作品の紹介
  3. | コメント:0

《卓上静物》

卓上静物


卓上静物
Still Life on a Table

1924年頃
油彩・カンヴァス
73×60.5cm
右下にサイン:KOGA-HARUE
茨城県近代美術館

展覧会歴:
1953年 「小出楢重・古賀春江展」(神奈川県立近代美術館) no.18
1975年 「古賀春江回顧展─生誕80周年記念─」(福岡県文化会館) no.71
1986年 「古賀春江──前衛画家の歩み」(石橋美術館・ブリヂストン美術館) no.22
1996年 「麗しき前衛の時代──古賀春江と三岸好太郎」(茨城県近代美術館・石橋美術館) no.K-20
2010年 「新しい神話がはじまる。古賀春江の全貌」(石橋美術館・神奈川県立近代美術館) no.66

掲載文献:
川端康成「古賀春江と私」 『藝術新潮』5巻3号(1954年3月)p.71
古川智次「図版解説」 古川智次編『近代の美術36 古賀春江』(至文堂、1976年)pl.68



出典(図版):図録『麗しき前衛の時代──古賀春江と三岸好太郎』(1996年、茨城県近代美術館・石橋美術館)p.60
出典(作品データ):図録『新しい神話がはじまる。古賀春江の全貌』(2010年、東京新聞)p.206


〈解説〉
後日追記予定。


※当作品の図版は茨城県近代美術館様から掲載許可を頂いております。

※最終加筆:2015年2月8日(サイン、掲載文献)
  1. 2011/10/13(木) 18:00:00|
  2. 作品の紹介
  3. | コメント:0
次のページ