古賀春江資料室

洋画家・古賀春江(1895-1933)のデータベースを制作中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

山村秀一

山村秀一(やまむら・ひでいち) 1896年5月1日〜1989年9月8日

洋画家。現在の山口県萩市生まれ。同郷の日本画家・松林桂月に私淑。山口師範学校卒業。1926年、福岡県中学明善校(現・福岡県立明善高等学校)の美術教諭として久留米に赴任。当時、帰省していた古賀春江と親交を深め、一緒に展覧会を開いたと伝えられている。以来、教鞭を取る傍ら水彩画の制作を続け、1937年からは日本水彩画会に出品を始め、1948年、同会会員に推挙された。1949年、西部水彩画協会を設立して会長に就任。以後は日本水彩画会と西部水彩画協会を発表の場とし、没年まで出品を続けた。1956年の定年まで明善高等学校の美術教諭を務め、多くの美術家を世に送り出し、いわゆる「明善美術山脈」を形成した。1989年、福岡市で死去。西部水彩画協会では山村の没後、「山村賞」を新設し、その功績を顕彰している。


参考文献:
『青木繁・坂本繁二郎生誕120年記念 筑後洋画の系譜』(石橋美術館、2002年)

参考ウェブ資料:
「筑後水彩画の草分け 山村秀一」(福岡県立明善高等学校「明善の肖像」) http://meizen.fku.ed.jp/html/portrait/018yamamura.html 2013年2月3日閲覧
スポンサーサイト
  1. 2013/02/03(日) 21:00:00|
  2. 人物事典
  3. | コメント:0

呉景欣

呉景欣

台湾・台北市出身。カリフォルニア大学ロサンゼルス(UCLA)大学院博士課程(芸術史学科)在学中の2007年9月から1年間、東京文化財研究所企画情報部来訪研究員となる。日本での研究テーマは「1920年代を中心として日本の近代美術がどのようにヨーロッパ美術を受容したのか」で、来日後の調査研究の成果を2008年3月26日に企画情報部研究会で発表。「古典か前衛か、キリスト教か仏教か―1920年代の古賀春江の宗教的なテーマの絵画」と題し、古賀の宗教的な主題、モチーフを扱った作品を取り上げ、エル・グレコなど、当時の古典から近代までのヨーロッパ美術受容の様相と重ねて考証した(註1)。


(註1) 「活動報告 2008年3月」(東京文化財研究所) http://www.tobunken.go.jp/japanese/katudo/200803.html 2013年2月1日閲覧
  1. 2013/02/03(日) 15:00:00|
  2. 人物事典
  3. | コメント:0

橋秀文

橋秀文(はし・ひでぶみ) 1954年~

美術館学芸員。兵庫県生まれ。早稲田大学大学院博士課程(美術史専攻)を経て、1984年より神奈川県立近代美術館に勤務。現在、同館企画課長兼普及課長。手掛けた展覧会は「佐伯祐三と佐野繁次郎展 パリのエスプリ」(神奈川県立近代美術館 葉山、2007年)、「浜田知明の世界展 版画と彫刻による哀しみとユーモア」(神奈川県立近代美術館 葉山、2010年)など多数。また、著書に『カラー版 水彩画の歴史』(美術出版社、2001年)、編著に『小倉遊亀(現代の日本画4)』(学習研究社、1991年)、『安田靫彦 永遠の女性像(巨匠の日本画7)』(学習研究社、1994年)、『ドラクロワとシャセリオーの版画(双書美術の泉84)』(岩崎美術社、1995年)、共著に『描かれたものがたり 美術と文学の共演(岩波近代日本の美術5)』(岩波書店、1997年)、『「戦争」が生んだ絵、奪った絵(とんぼの本)』(新潮社、2010年)がある。図録『誌上のユートピア 近代日本の絵画と美術雑誌 1889−1915』所収の論文「アート・ディレクター北原白秋」で「美連協カタログ論文賞 2008年優秀論文賞(美連協展部門)」を受賞(註1)。「新しい神話がはじまる。古賀春江の全貌」(石橋美術館・神奈川県立近代美術館、2010年)の企画に携わり、図録に「古賀春江の初期のスケッチブック―北原白秋への憧憬から旅立ちへ―」を寄稿(註2)。また、三上豊編『世界に誇れる日本の芸術家555』(PHP新書、2007年)の古賀春江の項目を執筆する(註3)。


(註1) 「美連協カタログ論文賞 受賞者紹介 2008年」(美術館連絡協議会) http://event.yomiuri.co.jp/jaam/catalog2008.cfm 2013年2月2日閲覧
(註2) 橋秀文「古賀春江の初期のスケッチブック―北原白秋への憧憬から旅立ちへ―」 図録『新しい神話がはじまる。古賀春江の全貌』(東京新聞、2010年)pp.161-165
(註3) 三上豊編『世界に誇れる日本の芸術家555』(PHP新書、2007年)p.53

参考ウェブ資料:
「Wikipedia 橋秀文の項目」(Wikipedia) http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A9%8B%E7%A7%80%E6%96%87 2013年1月9日最終更新、2013年2月1日閲覧
  1. 2013/02/02(土) 22:00:00|
  2. 人物事典
  3. | コメント:0

平井鉄寛

平井鉄寛(ひらい・てつひろ)

美術館学芸員。学習院大学人文科学研究科哲学専攻を経て、神奈川県立近代美術館に勤務。2011年4月より鶴岡アートフォーラム主任学芸員。「新しい神話がはじまる。古賀春江の全貌」(石橋美術館・神奈川県立近代美術館、2010年)の企画に携わり、図録では作品解説などを担当する。
  1. 2013/02/02(土) 21:00:00|
  2. 人物事典
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。