古賀春江資料室

洋画家・古賀春江(1895-1933)のデータベースを制作中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

橋本八百二氏・堀田喜代治氏洋画展感

 橋本氏。仲々軽快に爽やかな風致である。東雲の朝やけのやうに晴々と私も顔を上げる。
「道」「学庭」は全体の青灰調に所々に入れられた朱、ロンズ色が快く利いてゐる、筆も暢々と。
 赤い背景に赤白い花チラ「椿」。橙黄の背景に朱紅の点々たる「花」の二作──ほのかな情感の噴泉。「人間」の三点──多少構成的に施された色彩──しかし、物象の輪郭線と融合しない。「人体B」の両腕、肩に置かれた緑色は殊に破調である。
「支那皿のある静物」「葱のある静物」「五色の静物」はよく考慮された構図、「支那皿の静物」のギターの重々しい線は失敗? 「葱の静物」の中央に交叉された葱は構図を損じてゐるし、白い毛根を一つ一つ描いたのも目立つ。が、葉の緑、根の白は落ちついた色である。「五色の静物」の後方のビンを背景の中に溶け込ましてある所同感。
「春の情景」「春暖」はまた何といふポカポカと暖い桃色の情景であるだらう。蔽ふものゝ無い春の野原のまん中に居る感じ。「春の情景」の中央木の間に隙く空は殊によい。薄水色の空。「春暖」では点景人物や前景左方の木の根にある石ころのポツ/\が少々コマ絵臭いが明るい色と軽るい筆とに春の情趣は満喫出来る。

 堀田氏。嵐の夜の踏切のシグナルか。何か起りそうで暗示めく。
「大樹のある庭」「冬終る頃」「冬の樹木」「早春の郊外」──灰白、鼠、薄緑等の神経質的な尖りよりも、「卓上静物」「静物」「花に包まるゝ果物の夜」「二本榎風景」にある紫、朱、紅、暗緑、濃藍の強烈な色調に。要所要所に光る黄、白、白緑等の調和等の方に氏の稟性がひそみはしないか。その方賛成である。
 三七の「静物」は大作、色彩の濃艶さは充分幻想的である、多少混沌として物象を取り逃がしてゐる憾みもなくはないがそこに一種の幻怪的な空気も出てゐる。筆も生きてゐる。「花に包まるゝ果物の夜」──ぐるんぐるんと渦を巻く色、上も下も横も色。色。このとりとめもない色彩の夢はむせ返る花々の香りがする。
 風景では「脳病院の入り口」を採る。荒い筆で簡潔に物体を描き乍ら遠近もあり、色彩も美しい。「ミクロ山風景」は丁寧に細い物象を描き出してゐる明るい大作で色も調子も巧みである。「二本榎風景」はそれに反して暗胆とした強烈な色の取り合せの中に突然に入れたエメラルド、朱、黄等生々と効果的である。
「虞美人草のヒトムレ」──渦巻く緑と赤の点々。水彩「アネモネ」──の花五月のサクランボの一皿……。



初出:『中央美術』12巻7号(1926年7月)pp.98-99
底本:古賀春江文集『写実と空想』(中央公論美術出版)p.248-249
関連記事
  1. 2011/01/20(木) 18:00:00|
  2. 評論・随筆等
  3. | コメント:0
<<第四回本郷展を観る | ホーム | 第一回帝展概感>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。