古賀春江資料室

洋画家・古賀春江(1895-1933)のデータベースを制作中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

造型第二回展感

 会場入口に例に依つて岡本唐貴氏の大作があります。同僚の矢部、浅野両氏の立像で、この前の「高台に立つ二人の女」とほゞ似たやうな構図ですが今度の方が引き締つて色も調子も細かな味ひを持つてゐます。雲や山脈の起伏や人物の顔手の表情等に仲々面白い特殊な味を出してゐます。私は同君の作ではこれとも一つの「海水着の女」といふのを最も好みます。赤い衣、紫の空、肉体の赭の濃淡、深緑の草原など強く奇麗です。挙げた右の手は雲の水平線と並行して面白い効果を得てゐます。一体に氏の作品は一気に描き上げた中に所々カン所を占める色彩の配置に才智を見せます。「グループ」の中の左端の人物の着物の黄などそれです。
 吉原義彦氏は第一回の時の方がよくはなかつたかと思ひます。「窓に依る女」の人物の色も破調に強過ぎてゐます。デツサンも少し弱々しいと思ひます。「肖像」に見る苦心──光線を採り入れた老女の顔の薄青色の調子も背景の山の色としつくりしてゐない憾みを感じます。充分に制作の時日がなかつたので氏のやうな手数のかゝる制作には少し無理だつたのだらうと思はれました。
 寺島貞志郎氏の作も小品ばかりで物足らぬ感もありますが、私は前回のものより数段優れてゐると思ひます。色もよくなつて行くやうに思はれますが惜しいことにデツサンの部分々々に破綻を見せてゐます。
 矢部友衛氏はロシア行きの置土産に毛筆の素描「顔」一点を出してゐます。筆力も雄勁で量感もあつて同君の作として優れたものだと思ひます。
 山上嘉吉氏は大作を沢山出してゐます。「男の像」は人物の顔と首との不均衡が殊に目立つていけないと思ひます。総じて人物は形が壊れてゐて折角の色彩を殺してゐるの感があります。「立像の立てる風景」は例に依つて白エメラルド、黒、赤の快い階調のものです。「都会」も色彩に善いものがありますが形象の不確実さが目立ちます。「男の像B」「女の像B」がよいと思ひました。
 飛鳥哲雄氏の「塗る人」は色も筆触もいゝと思ひます。落ちついた黄色とよごれたやうな紫の調和は卑俗に堕せず相当に雅味ある効果を得てゐます。青い色の「子供と月」の小品は面白いと思ひました。
 吉邨二郎氏の作は大小取り混ぜて十点ありますが、みんなほがらかに野原の歌を聞くやうです。明るくほのぼのとしてゐて嚙みしめると細かな味を持つてゐます。それ/″\の作に氏独自の味ひを出してゐます。殊に可憐な小品五点は最も善いと思ひました。
 神原泰氏は方向を少し変へられた様ですが私は以前の作の方を好みます。色々考へてゐられるでせうが今度のは総じて味感が大ざつぱで粗々しいと思ひます。
 浅野猛府氏は不在で旧作の小品二点ですが矢張り善いと思ひます。「胸像」の方が纒まりもよく高雅なものだと思ひます。氏の作が二点しか出なかつたのは淋しい感がしました。
 吉田謙吉氏の「丸太組舞台装置模型」六つは見たゞけでも面白いと思ひます。実演の場合それが如何に動き働くかは素人の私には判りませんが兎に角これはローマンチツクで奇麗なものだと思ひます。
 安永良徳氏の彫刻大小二十点は元気一杯の仕事です。私は氏の前途を楽しみにしてゐます。



初出:『みづゑ』260号(1926年10月)pp.28-29
底本:古賀春江文集『写実と空想』(中央公論美術出版)p.250-252
関連記事
  1. 2013/12/27(金) 02:34:33|
  2. 評論・随筆等
  3. | コメント:0
<<造型第一回作品展覧会を観る | ホーム | 日本水彩画会展覧会感>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。