古賀春江資料室

洋画家・古賀春江(1895-1933)のデータベースを制作中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第四回本郷展を観る

 本郷展の評をと頼まれたのですが僕は自分の主観に何らかの意味で反響するもののみに就いて言ふのですから評にはならないと思ひます。結局は僕の一人合点だらうと思ひます。其点悪しからず……
 第一室。
 福田久次氏の三点の中「玉葱」は面白い。赤い布と玉葱の黄、青い布、強い線も奏効してゐる。山崎坤象氏の腰かけたる婦人像は少しバラバラの印象を受けます。矢島賢士氏の「風景」は達者ですが欲を言へば締りが欲しい。色は美しい。手島貢氏、「森の道」元気に描けてゐる。色が濁らぬやうに注意されたらと思ふ。野口良一呂氏の「厨房静物」相当の力作です。少し黄色が単調と思ふ。及川文吾氏「窓から」は大作の方で生気のあるもの。近景の家の群が確実に行つたら猶更と思ふ。色は佳い。津軽てる子氏の二点では「バンジヨ」の方を採る。殊に人物の顔はよく描けてゐる。たゞ向つて左の肩から腕の辺が崩れてゐるのは惜しい。「静物」は黄色い人形の着物の皺が破調です。小川智氏の「赤い支那服」は真面目な力作です。「金魚と子供」は大作で努力してあるが子供の同じやうな頭が二つ共同じ強さで目立つ。色は少し鈍いと思ふ。小品の雪景色は新鮮でよい。内藤隶氏の三点「雪の後」といふのがよかつた。
 第二室
 斎藤種臣氏の黒い背景に黄色の菜の花は鮮やかです。中村研一氏の大作「晩餐の用意」は場内で傑れてゐます。立派です。たゞ画面の左下部から右斜めに昇つてゆく物体の明るい部分と右下部へ出てゐる二本の脚が構図の気掛りですが。服部四郎氏の「女の子等」は面白い。殊に背景のガラス戸が。色の感覚もよいと思ふ。松下春雄氏の人形と果実の小品は落ちついた佳作です。薄墨の調子がよいと思ひます。
 第三室
 この室に鋳金や石版や木彫がありますがそれ等に就いては言へません。伊藤一克氏の水彩「窓辺の花」は簡単に要を得てゐる。柏森義氏「室内」も達者に描けてゐて気持がいい。
 第四室
 中出三也氏の三点、「新聞を読む女」は達者で雅味のある筆ですが新聞の面が広い割に単調な為め他の部分の微妙さが殺されてゐると思ふ。「婦人座像」も練れた作で力強いものがある。背景の黒紫の色は少し汚くなつた。「おんな」も面白いと思ふが色が矢張り濁つてゐるかと思ふ。坂本清春氏「サバ」は達筆。有岡一郎氏「伊東より見たる富嶽」は色感も調子も佳い。「母の像」は努力の大作です。人物の姿勢や椅子は申分ないが背景は重過ぎる。笹鹿彪氏の雪景二点は佳作です。
 第五室
 大里治子氏、静物の二点素直に丁寧に描けてゐる。色も美しい。殊に一七五の静物は佳作。田中戍一氏の二点は静物の方を採る。力作「裸女」は色が汚なく単調である。岡本礼氏の筆は特色があるが単調になる惧れがある。潤ひがほしい。陳澄波氏も変つてゐる方で大作「西湖風景」は美しい。稚拙な所に一種の味がある。
 第六室
 岡田七蔵氏の二点は佳いと思ふ。殊に海はよい。点景の人物は無かつた方がよくはないか。草光信成氏の「婦人立像」は仲々面白い。この不思議な感覚の持主に僕は興味を持つ。爾後を期待しやうと思ふ。江藤純平氏の二点、「風景」の枯色は少しぼんやりしてゐるが全体の落ちつきはある。「椿」は親切に描いてあるけれど青黒い調子は暗く寒い。関口隆嗣氏、風景、日向、ボンヤリした暖い日向。「相模風景」陽の当つた畑と家、積藁、赤土の山、晴れた空、美しい景色。権藤種男氏、二点とも細心丁寧。佳作です。和田三造氏の風景一点は色も調子も大きい。堂々としてゐる。片多徳郎氏の「静物一」桃色の紙、白い紙、緑色の紙、赤い林檎等凡て桃色と紫調の中で不思議に美しく生々とした調和を持つ。美しい。甲斐仁代氏の三点「人形」は筆の細かに働いてゐる割に色が少し単調に過ぎる。殊に着物の藍に於て。「菊」は花の色が汚れたのが惜しい。「アネモネ」は中で一番好きである。宮本恒平氏の二点は共に達筆。有馬さとゑ氏の人物は破綻なく綺麗です。



初出:『みづゑ』288号(1929年2月) pp.21-22
底本:古賀春江文集『写実と空想』(中央公論美術出版)p.257-259
関連記事
  1. 2011/02/15(火) 18:00:00|
  2. 評論・随筆等
  3. | コメント:0
<<第六回槐樹社展覧会感 | ホーム | 橋本八百二氏・堀田喜代治氏洋画展感>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。