古賀春江資料室

洋画家・古賀春江(1895-1933)のデータベースを制作中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第四回一九三〇年展感

 本郷展の場合にも書いた事ですが僕のは評と云ふより印象記といつたものですから当るか当らぬか作者の意図に反するものがあつても予めお断りしておきたいと思ひます。
 第一室
 小俣球氏「横たはる裸体」は墨の使用も全体の色も悪く無いと思ふが腰から下部が少し弱い。「自画像」の赤と青は生きてゐます。菊地精二氏の「静物」、元気で構図も相当考へてあるが少しく破調な所がある。清水刀根氏「裸体」の青白い調子は面白い、背景は柔らかでいゝが躯の蔭の部分の輪郭線が固い。前田寛治氏の諸作、「棟領の家族」は大作である。群像の組み立てはどつしりとして危な気がない。変化の多い茶と灰、藍等。背景の一見破調に見えるウルトラが画面の最下部の四角い白と対照して美しい効果を挙げている。「仰臥裸婦」は茶の筆触が少し眼立つ。「赤衣の像」は暗褐色と赤との効果健実〔#「健」の横に「堅」〕。「横臥裸婦」は一昨年の帝展出品の裸体と同系のもので揺ぎない写実である。小品では「花」を最も愛する。間所一郎氏の「植物園」は水彩での大作だが少し纒りがない。色が濁つたと思ふ。樹木の大きな幹など殊にそうである。石川真五郎氏の二点、「桃」は取材が面白い。西脇マヂヨリー氏の「黒人ヂヤズ」は色彩の平面的布置の中に或る節奏を見出される。墨の使用は巧みである。新海覚雄氏の二点は達者だけれど色が全体に少し白けてゐる。小さい人物のほうがよいと思ふ。内田巌氏、「風景を配せる少女像」、少し鈍いやうだが落ちついた無難な作。「卓による女」の方が優れてゐる。長谷川利行氏の五点、大作「汽鑵車庫」は線が弱いのと朱の色が平面なために力が弱い。「停留所」「人物」が優れてゐると思ふ。これは仲々面白い。
 第二室
 井上長五郎氏の二点は暗過ぎるが丁寧穏健である。中村節也氏の三点、裸体の色、紫調の色は一考を要すると思ふ。それと物質感が一様になつてゐると思ふ。酒本博示氏の作は出来上つてゐながら少し窮屈である。潤ひを欠いてゐる。吉井淳二氏の中では「風景」を採る。「裸婦」は力作だが灰色が乾いてゐる。「婦人座像」は無難。酒井精一氏は健全な作風だが固くなる傾向がある。「風景」を採る。小島善太郎氏の諸作は光と量感との融合である。「冬日」は逆光の中に盛り上つた叢や畑や畔道等柔らかでよい。「白毫寺村」は大作、少しモヤ/\しとて弱くはないかと思ふ。奈良あたりの小品にいゝものを見る。それ等はそれ/″\美しいと思つた。
 第三室
 一木万寿三氏の「冬景色」は色がいゝ。杉沽江氏の「静物」は元気に描けてゐる。峰村リツ子氏の「静物」は茶っぽい色と黒とがよく生きてゐるし筆もよい。野口弥太郎氏の数点の中で大作「裸」は少し締りが足らないやうである。「姉妹」は渋滞なく気持よく出来てゐる。「断崖」は構図も面白いし色も美しい佳作である。「残雪風景」は中で一番よいと思ふ。山の傾斜面の表現は立派である。「ボート」は少し白けてゐるけれど面白い。佐藤克三氏は筆が対象から離れ勝ちなのを注意されたら色はよいと思ふ。二点共面白い。加藤一也氏の作は律動的な画面を元気に仕上げてゐる。
 第四室
 中山巍氏の滞欧作品三十八点は別室佐伯氏の八十余点と共に近来の好収穫である。作品の総体を通じて其の特色とするものは構図の緊密、強烈な色彩の尖鋭的な対照であつてそれ等が聡明なる理知の統制によつて落ちつきある諧調を保つてゐる事である。黒と白、緑と朱等稍もすれば画面を徒らに騒がしくする色彩が此所では重々しく調和してゐる。穏やかな孤線と鋭い直線の照応、悉く均整を得て静かな巧みさを見せてゐる。風景よりも人物の方に傑れた作が多い。中でも「鸚鵡と農女」「青背座婦」「家族」「窓」「X夫人の肖像」「或る青年画家像」「画室」その他「女の首」と「男の首」等。風景は人物に比して稍単調に固過ぎる作がある。今後の制作を期待する。
 第五室
 田中行一氏の作はアヅキ色が鈍く単調であるが全体には面白さがある。土田銀松氏の「風景」は青白い緑と黒い屋根の色がよい。山田三郎太、小田幸子両氏の静物も佳い所がある。中野和高氏の大作「二人休息」は構図も色彩も今一息といふ気がする。「外套を着たる婦人」も効果が弱いと思ふ。「風景」「母子像」を最も佳いと思ふ。殊に後者は傑れた作品である。島葵氏の作品は佳作である。「座せる裸女」の青白い体も寒さに落ちず「裸体」は全体に柔らかな諧調がいゝ。「静物」は達者に描けてゐる。田中忠雄氏の「憩へる労働者」は背景の薄墨が単調な為主体を稍うるさく見せる欠点があるが相当に纒まつてゐる。高島ちよ子氏の「風景」大まかに行く調子もよく色も暖かに落ちついてゐる。佐藤章氏の「裸体」は体のヤニ色一色に変化がほしい。
 第六室
 清水錬徳氏の二点は色が面白い。野口一二三氏の二点も色が美しい。筆も達者である。林武氏の三点は色の調和の美しさ、筆触の滋味と相俟つて豊麗にして温雅なる、氏近来の傑作と思ふ。三点とも推賞したい。佐伯米子氏の作は先年に比してより繊細になつた。どの画面も美しいと思ふ。「モランの路」(一)の近景の赤い窓は少し強過ぎまゐか。同じく(二)の中景の赤屋根と共に。「室内」「農家の裏」「モランの家」は傑れてゐる。此室では其他に中村三樹男、吉田耕二、豊藤勇、外山五郎、尾田龍、高橋賢一郎諸氏のものを佳いと思つた。
 第七室
 高森捷三氏の「静物」は相当に達者である。野口信氏の風景も佳作。大淵武夫氏の「初冬」は色が少い〔#「い」の横に「し」〕寒い。前田利一郎氏の「海辺風景」は冴えてゐる。宮坂勝氏の諸作はそれ/″\に面白い。人物よりも風景に傑れたのがある。「キャンプ」も佳いと思ふが「山の道」は最も困難な題材を立派に纒めてゐる。この手腕は一朝の効果ではない。通じてどの作にも画面を貫く作者の意気が見える。実に瞭然と。今度の出品が比較的小品ばかりだつたのは惜しい。川端伊織氏の作は落ちつきあれど少し鈍い。青い色は悪くない。藤川栄子氏の「静物」は変つた構図である。才気が見える。白と黒との使用に佳いものがある。その他小原雄二、石井寛高、村山敏樹、丹羽長兵衛諸氏に注意した。
 第八室
 この室は故佐伯祐三氏の遺作室で人はこの室に入つて先づこの夥しい作品がその少数を除く他僅々六ケ月位の間に為された事を知つてその芸術に向けられた熱病的な心情に撃たれる。他人の一年は氏の一ケ月か半ケ月にしか当らないであらう。氏こそ文字通り画の為に生き画の為に死んだと云ひ得る。これ等の作品の前に立つて今更の如く氏の早逝が悼まれる。作品の一一に就いて此所に書いてゆく紙数がないのでそれは省く。総体的にその特殊な雋敏なる感覚に就いて、感傷的な詩情に就いて、更にその神経的な鋭さに就いて学び考ふるべき多くの物があると思ふ。
 第九室
 妹尾正彦氏の三点は意図する所は了解されるが強烈な色彩が平面でそれぞれ独立してゐるのが欠点である。今口憲一氏、画面は強いが物象をくゝる黒線に変化がない。たゞの輪郭線ではいけない。伊東市太郎氏の作も強いが単調に過ぎる。里見勝蔵氏は大作の裸体二点が徹回になつたのは惜しい。里見氏は熱情の人である。氏の画布はその余分なき衝附け〔#「衝附」に「ママ」の注記〕場所である。画面はその有りのまゝの熱情で蹂躙される。故に屢々理知的構成は破られるがそれは氏にとつて問題ではないであらう。氏の感情は何時の場合でも暴君であり色彩も線も形も悉く雑兵の如く頤使《いし》される。傾来〔#「傾」の横に「頃」〕益々その暴君振りを進展される所痛快である。今度の出品中鯡の静物二点は珍らしいものである。小野幸吉氏も大胆な描写法である。今一息緊密さが欲しい。藤田嘉六郎氏の諸作は珍らしい色彩で眼に立つ。朱と白けた緑との駆使に特色がある。其他伊地知たみ代氏、服部正一郎氏、徳永王樹氏、野村守夫氏、松島一郎諸氏を注意して見た。



初出:『みづゑ』288号(1929年2月) pp.22-23
底本:古賀春江文集『写実と空想』(中央公論美術出版)p.260-264
関連記事
  1. 2013/12/27(金) 02:30:57|
  2. 評論・随筆等
  3. | コメント:0
<<日本水彩画会展覧会感 | ホーム | 奉讃展記>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。