古賀春江資料室

洋画家・古賀春江(1895-1933)のデータベースを制作中です。

窓外の化粧 (一〇〇号F) 一九三〇年

晴天の爽快なる情感、蔭のない光。
過去の雲霧を切り破つて、
埃を払つた精神は活動する。
最高なるものへの最短距離。

溌剌として飛ぶ──急角度に一直線を。
計算器が手を挙げて合図をする。

気体の中に溶ける魚。

世界精神の絲目を縫ふ新しい神話がはじまる。



初出:『古賀春江画集』(1931年、第一書房)
底本:古賀春江文集『写実と空想』(中央公論美術出版)p.76-77
関連記事
  1. 2011/06/12(日) 18:00:00|
  2. 解題詩
  3. | コメント:0
<<単純な哀話 (五〇号F) 一九三〇年 | ホーム | 彎曲せる眼鏡 (一・六五×一・ニ七尺) 一九三〇年>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する