古賀春江資料室

洋画家・古賀春江(1895-1933)のデータベースを制作中です。

風景 (二・〇〇×一・六五尺) 一九二六年

双方から来た森の木の葉の塊り、木の根の大きさ、中景の地面と家、空の白雲。
筆と筆との接ぎ合せのリズムを生かしながら大きな立体を描かうとした。



初出:『古賀春江画集』(1931年、第一書房)
底本:古賀春江文集『写実と空想』(中央公論美術出版)p.60
関連記事
  1. 2011/07/08(金) 18:00:00|
  2. 解題詩
  3. | コメント:0
<<船着場 (二・〇〇×一・六五尺) 一九二六年 | ホーム | 美しき博覧会 (一・八五×一・二七尺) 一九二六年>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する