古賀春江資料室

洋画家・古賀春江(1895-1933)のデータベースを制作中です。

詩抄(動物園の白熊、淋しき、顔、川端にて)

     動物園の白熊

皆と離されて一人淋しく生きてゐる
動物園の白熊。

「妾この熊を見るたびにいやなのよ」

あの熊はいつ見てもあんな風に淋しんであんな何となく遊んでゐるのよ
何時も顔付もあんなに淋しい顔で
一ケ所であんなに同じ所を行つたり来たりして水の中へ入つたり
淋しいのです。

娘はあゝ言ふ事程娘も淋しい顔をして居る
教育なんて
やさしい人の情を知らないのか
遠い見知らぬ世界に
あこがれてさゝやかな涼しい目を上げ
空を見上げて何時もの淋しい顔をしてゐる
何時も淋しい顔をしてゐる
娘も淋しい娘である。


     淋しき

幾つかの花の白や黒や
又の日の高い岡で
何時の友の声に忘れられず窓ガラスの曇つたのを見続け何となく一人の淋しさや小川の気欝の音の高い物語を感じてゐる。


     

顔と言ふ物程不思議なものはない
見れば見る程不思議な存在である
在る様な無い様な不思議なる存在である
顔と言ふ程世の中に不思議なものはない。


     川端にて

川はその脚の長い黒い烏であつた
何時も鳴き声を立てずだまつたまゝ身動きもしない
汽笛が遠く送つて行つたが山の彼方は白々と寒さであつた
私は寒くて困つた
秋の寒さにしみ/″\と淋しさを感じた
あんな目を帯びて
白光の流れた線がかすかに見える
そのまゝで
私はさつと揺れるのである。



初出:『みづゑ』343号(1933年9月)p.17
底本:古賀春江文集『写実と空想』(中央公論美術出版)p.131-134
関連記事
  1. 2010/06/28(月) 18:00:00|
  2. | コメント:0
<<アポロンの花 | ホーム | 詩抄(青い海、白い曇り日、夜の夢、季節の確信)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する