古賀春江資料室

洋画家・古賀春江(1895-1933)のデータベースを制作中です。

風景 (一〇号F) 一九二六年

卯の花でも匂ひさうな新緑の中の住家
薔薇の垣の木戸を押すと
芝生について楽器の音でも流れて来さうだ
小じんまりと綺麗で
何の汚点《しみ》もない白紙の手帖だ
家の中ではやさしい主婦が明るい窓際で、
鏡台の前にでも坐つてゐさうな
少し感傷的な初夏風景。



初出:『古賀春江画集』(1931年、第一書房)
底本:古賀春江文集『写実と空想』(中央公論美術出版)p.57
関連記事
  1. 2011/07/12(火) 18:00:00|
  2. 解題詩
  3. | コメント:0
<<梅 (一・六五×一・二七尺) 一九二四年 | ホーム | 花 (二・〇〇×一・六五尺) 一九二六年>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する