古賀春江資料室

洋画家・古賀春江(1895-1933)のデータベースを制作中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

図録『古賀春江─前衛画家の歩み』(1986年、石橋美術館・ブリヂストン美術館)

古賀春江 前衛画家の歩み


『古賀春江─前衛画家の歩み』
Harue KOGA:The Development of a Japanese Avant-Garde Painter


■1986年4月12日(土)─5月18日(日)
 石橋美術館
 主催/石橋財団石橋美術館・久留米市・西日本新聞社

■1986年5月24日(土)─6月29日(日)
 ブリヂストン美術館
 主催/石橋財団ブリヂストン美術館・東京新聞


目次:

謝辞  p.6
あいさつ  p.7
 Foreword
序論
 モダニズムとメタフィジック──古賀春江の魅力について──  阿部良雄(東京大学教授)  p.8
 古賀春江──その多彩な表現──  古川智次(福岡大学教授)  p.14
図版  p.23
出品目録(作品評)  p.137
 1.観音
 2.林檎
 3.埋葬
 4.二階より
 5.エスキース
 6.無題
 7.母子
 8.縁側の女
 9.収穫
 10.曲彔につく
 11.海女
 12.海水浴の女
 13.中洲風景
 14.風景
 15.誕生
 16.生誕
 17.女
 18.風景
 19.風景
 20.窓際の女
 21.手をあぶる女
 22.卓上静物
 23.月花
 24.風景
 25.海辺風景
 26.夏山
 27.窓
 28.煙火
 29.収穫
 30.山ノ手風景
 31.海
 32.素朴な月夜
 33.鳥籠
 34.題のない画
 35.漁夫
 36.瓶花
 37.窓外の化粧
 38.単純な哀話
 39.涯しなき逃避
 40.厳しき伝統
 41.感傷の静脈
 42.現実線を切る主智的表情
 43.音楽
 44.コンポジション
 45.無題
 46.白い貝殻
 47.孔雀
 48.サーカスの景
 49.川辺
 50.風景
 51.柳河風景
 52.柳河風景
 53.自画像
 54.沈丁花
 55.檜
 56.雪の日
 57.地蔵尊
 58.婦人
 59.婦人
 60.竹林
 61.竹林
 62.竹林
 63.風景
 64.風景
 65.はぜの木
 66.婦人像
 67.好江夫人像
 68.婦人肖像
 69.林檎
 70.埋葬
 71.風景
 72.ランプ
 73.風景
 74.窓外風景
 75.窓外風景
 76.静物
 77.ダリヤなど
 78.花
 79.円筒形の画像
 80.室内
 81.赤い風景
 82.遊園地
 83.美しき博覧会(画稿)
 84.美しき博覧会
 85.船着場(画稿)
 86.船着場
 87.牛を焚く
 88.室内
 89.子供
 90.朗らかな春
 91.作品(無題)
 92.散歩
 93.公園のエピソード
 94.そこに在る
 95.抽象
 96.鳩の唄
 97.埋葬(下絵)
 98.海女(画稿)
 99.魚市場(画稿)
 100.無題(下絵)
 101.題のない画(画稿)
 102.優美なる遠景(画稿)
 103.美貌なる虚無(下絵)
 104.現実線を切る主智的表情(下絵)
 105.花野原(下絵)
 106.孔雀(画稿)
 107.音のない昼の夢(下絵)
 108.楽しき饗宴(下絵)
 109.そこに在る(下絵)
 110.深海の情景(下絵)
 111.文化は人間を妨害する(下絵)
 112.檻(『東京パック』表紙)
 113.船と人物(『セレクト』表紙)
 114.『詩神』表紙
 115.『香蘭』表紙
 116.片岡鉄兵『女性讃』表紙
 117.龍胆寺雄『放浪時代』表紙
 118.菊池寛『有憂華』箱絵
 119.菊池寛『有憂華』表紙
 120.春来る(『東京パック』裏表紙)
 121.ロボットも微笑む(『東京パック』裏表紙)
 122.『香蘭』表紙
 123.冬(『コドモノクニ』挿絵)
 124.春のドライヴ(『週刊朝日』表紙)
 125.街頭の初夏(『週刊朝日』表紙)
 126.竹中久七『餘技』表紙
 127.模写(『精神病者の絵画』より)
 128.模写(『精神病者の絵画』より)
 129.第14回二科展ポスター(下絵)
 130.第13回来目会展ポスター(原画)
 131.第17回日本水彩画会展ポスター(下絵)
 132.絵はがき
 133.絵はがき
 134.絵はがき
 135.絵はがき
 136.絵はがき
 137.絵はがき
 138.絵はがき(自画像)
 139.絵はがき
 140.絵はがき
 141.少年と船と花
 142.猫と少年
 143.スケッチブック
 144.スケッチブック
 145.スケッチブック
 146.スケッチブック
 147.スケッチブック
 148.ノート
 149.ノート
 150.ノート
古賀春江・苦闘の跡  杉本秀子(石橋美術館学芸員)  p.174
古賀春江年譜  杉本秀子編  p.177
文献  杉本秀子編  p.185
 Ⅰ 自筆文献  p.186
 Ⅱ 古賀春江文献  p.187
 Ⅲ 装幀  p.192
出品一覧  p.195


奥付:

古賀春江─前衛画家の歩み
編集 石橋財団石橋美術館、石橋財団ブリヂストン美術館
序論 阿部良雄、古川智次
制作 瞬報社写真印刷㈱ 福岡営業所
発行 石橋財団石橋美術館、石橋財団ブリヂストン美術館 ⓒ1986
関連記事
  1. 2011/08/11(木) 18:00:00|
  2. 文献の紹介
  3. | コメント:0
<<図録『古賀春江─創作のプロセス 東京国立近代美術館所蔵作品を中心に』(1991年、東京国立近代美術館) | ホーム | 『牛を焚く─古賀春江詩画集─』(1974年、東出版)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。