古賀春江資料室

洋画家・古賀春江(1895-1933)のデータベースを制作中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

図録『麗しき前衛の時代──古賀春江と三岸好太郎』(1996年、石橋美術館・茨城県近代美術館)

麗しき前衛の時代


『麗しき前衛の時代──古賀春江と三岸好太郎』


茨城県近代美術館
1996年5月18日(土)―6月19日(水)
主催:茨城県近代美術館
   「古賀春江と三岸好太郎」展実行委員会

石橋美術館
1996年6月25日(火)―7月25日(木)
主催:石橋財団石橋美術館
   「古賀春江と三岸好太郎」展実行委員会


内容:

ごあいさつ  p.4
謝辞  p.5
目次  p.6
麗しきかな、かの前衛の時代  小泉淳一(茨城県近代美術館学芸員)  p.7
 はじめに
 古賀春江と三岸好太郎の登場 
 タイムラグ
 麗しき前衛とは?
三岸好太郎──前衛の行方  地家光二(北海道立三岸好太郎美術館学芸員)  p.14
比較の試み──古賀春江と三岸好太郎  杉本秀子(石橋美術館学芸員)  p.17
図版  項目解説:杉本秀子(古賀春江)、小泉淳一(三岸好太郎)  p.21
 第一期 前衛意識の胚胎  p.22
     古賀春江 1916年~1920年
     三岸好太郎 1921年~1928年
 第二期 萌芽、あるいは実験の時代  p.46
     古賀春江 1921年~1926年
     三岸好太郎 1929年~1932年
 第三期 華麗なる開花  p.84
     古賀春江 1926年~1929年
     三岸好太郎 1932年~1933年
 第四期 一つの帰結としてのシュルレアリスム  p.124
     古賀春江 1929年~1933年
     三岸好太郎 1933年~1934年
古賀春江 詩抄  p.165
 喜ばしき船出
 海
三岸好太郎 詩抄  p.168
 黄色い鋼鉄船
 蝶ト貝殻
作品目録  p.173
 古賀春江(杉本秀子)
  K-1.自画像
  K-2.檜
  K-3.地蔵尊
  K-4.竹藪
  K-5.風景
  K-6.婦人像
  K-7.好江夫人像
  K-8.観音
  K-9.無題
  K-10.埋葬
  K-11.二階より
  K-12.縁側の女
  K-13.物乞
  K-14.曲彔につく
  K-15.海水浴の女
  K-16.女
  K-17.生誕
  K-18.風景
  K-19.誕生
  K-20.卓上静物
  K-21.ランプ
  K-22.風景
  K-23.静物
  K-24.窓外風景
  K-25.クレー《町習作》(1914)の模写
  K-26.クレー《カイルアーン》(1914)の模写
  K-27.花
  K-28.風景
  K-29.風景
  K-30.月花
  K-31.赤い風景
  K-32.遊園地
  K-33.美しき博覧会
  K-34.船着場
  K-35.室内
  K-36.煙火
  K-37.窓
  K-38.夏山
  K-39.窓外風景
  K-40.牛を焚く
  K-41.山ノ手風景
  K-42.題のない画
  K-43.題のない画(下絵)
  K-44.素朴な月夜
  K-45.海
  K-46.鳥籠
  K-47.漁夫
  K-48.窓外の化粧
  K-49.単純な哀話
  K-50.涯しなき逃避
  K-51.コンポジション
  K-52.朗らかな春
  K-53.無題
  K-54.音楽
  K-55.厳しき伝統
  K-56.感傷の静脈
  K-57.現実線を切る主智的表情
  K-58.孔雀
  K-59.無題
  K-60.花野原
  K-61.深海の情景
  K-62.そこに在る
  K-63.公園のエピソード
 三岸好太郎(小泉淳一)
  (三岸好太郎の分は省略)
古賀春江/三岸好太郎関連年譜(小泉淳一編)  p.219
主要文献(杉本秀子編)  p.228
 古賀春江文献
 三岸好太郎文献
 両者関連文献
出品作品一覧  p.238
 古賀春江
 三岸好太郎
「古賀春江と三岸好太郎」展実行委員会名簿  p.242


奥付:

麗しき前衛の時代──古賀春江と三岸好太郎

発行日 1996年5月18日
編集 杉本秀子・小泉淳一
発行 「古賀春江と三岸好太郎」展実行委員会
デザイン 大宝拓雄デザイン事務所
制作 瞬報社写真印刷株式会社
写真撮影 伊藤晃
     上野則宏
     大滝恭昌
     佐藤英
     待山武之
     山口知一
関連記事
  1. 2011/08/24(水) 18:00:00|
  2. 文献の紹介
  3. | コメント:0
<<古川智次編 古賀春江文集『写実と空想』(1984年、中央公論美術出版) | ホーム | 速水豊編『古賀春江・都市モダニズムの幻想(和田博文監修 コレクション・日本シュールレアリスム9)』(2000年、本の友社)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。