古賀春江資料室

洋画家・古賀春江(1895-1933)のデータベースを制作中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

図録『新しい神話がはじまる。古賀春江の全貌』(2010年、東京新聞)

古賀春江の全貌


『新しい神話がはじまる。古賀春江の全貌』
KOGA Harue:A Retrospective


2010年7月3日―9月5日
石橋美術館
主催:
石橋財団石橋美術館 西日本新聞社 TVQ九州放送

2010年9月18日―11月23日
神奈川県立近代美術館 葉山
主催:
神奈川県立近代美術館 東京新聞

出品協力:
東京国立近代美術館


目次:

ごあいさつ  p.5
謝辞  p.6
前衛画家、詩人としての古賀春江  森山秀子  p.8
 古賀春江像の根源
 複数のスタイルの共存、写生への往還について
 詩人としての古賀春江
Tracing the Life of the Artist KOGA Harue-A Summary of the Exhibition  p.14
 (Text by Yamanashi Toshio,Translated by Ogawa Kikuko)
図版  p.16
第1章 センチメンタルな情調 1912―1920年  p.17
第2章 喜ばしき船出 1921―1925年  p.43
第3章 空想は羽搏《はばた》き 1926―1928年  p.81
第4章 新しい神話 1929―1933年  p.113
 章解説:橋秀文(第1章)、伊藤絵里子(第2章)、長門佐季(第3章)、森山秀子(第4章)
 カタログ中の解説:森山秀子、平井鉄寛
古賀春江の初期のスケッチブック──北原白秋への憧憬から旅立ちへ──  橋秀文  p.161
 はじめに
 初期の多様な関心
 北原白秋との関係
 星はどのように変容していったか
 抒情詩から前衛詩へ
 おわりに
古賀春江と中洲風景──福岡初の二科展に際して──  伊藤絵里子  p.166
 はじめに
 福岡初の二科展開催
 二科展と古賀春江
 描かれた中洲風景
浮遊するイメージ──古賀春江  長門佐季  p.171
絵を読み、詩を見る  森山秀子  p.176
古賀春江年譜(森山秀子編)  p.181
主要文献(石橋美術館、神奈川県立近代美術館編)  p.190
出品目録  p.198
 作品解説:伊藤絵里子、長門佐季、橋秀文、平井鉄寛、森山秀子
 1.風景(1913.2.20)
 2.柳川風景
 3.柳川風景
 4.風景
 5.筑後川
 6.自画像
 7.風景
 8.自画像
 9.檜
 10.風景
 11.裸像
 12.考える女
 13.地蔵尊
 14.房州風景
 15.窓辺の婦人
 16.婦人像
 17.婦人像
 18.竹林
 19.竹林
 20.竹林(竹藪)
 21.風景
 22.好江夫人像
 23.スケッチブック6
 24.スケッチブック7
 25.ノート10
 26.スケッチブック8
 27.松田実(諦晶)宛絵葉書
 28.スケッチブック1
 29.スケッチブック12
 30.ノート1
 31.スケッチブック14
 32.松田実(諦晶)宛絵葉書
 33.観音
 34.無題
 35.林檎
 36.林檎
 37.埋葬
 38.埋葬
 39.二階より
 40.母子
 41.縁側の女
 42.物乞
 43.海水浴
 44.海水浴の女
 45.曲彔につく
 46.海女
 47.農夫の家族
 48.中洲風景
 49.中洲風景
 50.鐘崎海岸
 51.芦屋風景
 52.街の風景
 53.風景
 54.橋のある風景
 55.女
 56.魚市場
 57.風景
 58.窓際の女
 59.誕生
 60.生誕
 61.将棋
 62.ランプ
 63.植木鉢のある静物
 64.風景
 65.手をあぶる女
 66.卓上静物
 67.庭先
 68.室内
 69.花
 70.花
 71.静物
 72.楕円形の女性像
 73.風景
 74.窓外風景
 75.窓外風景
 76.円筒形の画像
 77.スケッチブック16
 78.埋葬(下絵)
 79.スケッチブック17
 80.スケッチブック19
 81.ノート9
 82.〈海水浴の女〉のためのスケッチ
 83.スケッチブック20
 84.ピカソ〈赤い布の上のギター〉の模写
 85.スケッチブック22
 86.赤い風景
 87.赤い風景
 88.花
 89.花
 90.風景
 91.月花
 92.遊園地
 93.遊園地
 94.美しき博覧会
 95.美しき博覧会
 96.美しき博覧会
 97.船着場
 98.船着場
 99.海辺風景
 100.裸婦
 101.室内
 102.煙火
 103.煙火
 104.窓
 105.牛を焚く
 106.窓外風景
 107.室内
 108.夏山
 109.収穫
 110.山ノ手風景
 111.蝸牛のいる田舎
 112.彦山図(伊良林風景)
 113.子供
 114.瓶花
 115.ノート4
 116.スケッチブック23
 117.スケッチブック2
 118.第14回二科展ポスターのための下絵
 119.第13回来目会展ポスター(原画)
 120.シャガール作「ラ・フォンテーヌの寓話集」〈駱駝と水に浮かぶ棒きれ〉と〈魚たちと笛を吹く羊飼〉模写
 121.P.クレー作〈満月〉(1919年)模写
 122.P.クレー作〈最後の雪〉(1927年)および〈さえずる機械〉(1922年)模写
 123.フェルナン・レジェ〈コンパス(蛇のいるコンポジション)〉(1926年)模写
 124.フェルナン・レジェ〈貝のある静物〉(1927年)模写
 125.スケッチブック4
 126.題のない画(下絵)
 127.題のない画
 128.素朴な月夜
 129.漁夫
 130.鳥籠
 131.海
 132.優美なる遠景
 133.朗らかな春
 134.単純な哀話
 135.涯しなき逃避
 136.窓外の化粧
 137.コンポジション
 138.厳しき伝統
 139.感傷の静脈
 140.現実線を切る主智的表情
 141.音楽
 142.花野原
 143.孔雀
 144.孔雀
 145.白い貝殻
 146.無題
 147.無題
 148.散歩
 149.公園のエピソード
 150.そこに在る
 151.抽象
 152.鳩の唄
 153.深海の情景
 154.サーカスの景
 155.〈檻〉(『東京パック』表紙)のためのスケッチ
 156.牛と少女(『セレクト』創刊号表紙の原画)
 157.『詩神』表紙のための下絵
 158.『香蘭』表紙のための下絵
 159.『FANTASIA』挿絵(原画)
 160.坂本繁二郎宛書簡(1929年12月27日付)
 161.谷譲次著『もだん・でかめろん』表紙のためのデザイン
 162.谷譲次著『もだん・でかめろん』表紙のためのデザイン
 163.ノート5
 164.片岡鉄兵著『女性讃』表紙のためのデザイン
 165.片岡鉄兵著『女性讃』表紙のためのデザイン
 166.龍胆寺雄著『放浪時代』表紙のためのデザイン
 167.『旗魚』表紙のためのデザイン
 168.〈窓外の化粧〉のための下絵
 169.〈涯しなき逃避〉のための下絵
 170.プリンツホルン著『精神病者の造形』挿図模写
 171.プリンツホルン著『精神病者の造形』挿図模写
 172.第17回日本水彩画会展ポスターのための下絵
 173.中河与一「幸福な話」挿絵のためのスケッチ
 174.ノート6
 175.『詩神』表紙のためのデザイン
 176.〈現実線を切る主智的表情〉のためのスケッチ
 177.菊池寛著『有憂華』函絵のためのデザイン
 178.菊池寛著『有憂華』表紙のためのデザイン
 179.〈ロボットも微笑む〉(『東京パック』裏表紙)のためのスケッチ
 180.『香蘭』表紙のためのデザイン
 181.〈春来る〉(『東京パック』裏表紙)のための下絵
 182.スケッチブック26
 183.〈花野原〉のためのスケッチ
 184.〈音のない昼の夢〉のためのスケッチ
 185.『新文藝時代』表紙のためのデザイン
 186.〈散歩〉のためのスケッチ
 187.ハトのいる画
 188.〈そこに在る〉のためのスケッチ
 189.〈深海の情景〉のためのスケッチ
 190.〈文化は人間を妨害する〉のためのスケッチ
 191.「非人称命題叢書」表紙のためのデザイン
 192.スケッチブック27
 193.ノート7
 資-1.大下藤次郎著『水彩画之栞』
 資-2.北原白秋著『桐の花』
 資-3.『夢二畫集 旅の巻』
 資-4.『白樺』4巻6号
 資-5.『みづゑ』186号
 資-6.『中央美術』8巻2号
 資-7.『みづゑ』206号
 資-8.レオポルト・ツァーン著『パウル・クレー、生涯、作品、精神』
 資-9.『みづゑ』229号
 資-10.神原泰著『ピカソ』
 資-11.『マロニエ』2巻3号
 資-12.『中央美術』12巻8号
 資-13.『中央美術』14巻9号
 資-14.『中央美術』15巻4号
 資-15.『原色写真新刊西洋美人スタイル第9集』
 資-16.『科学知識』7巻12号
 資-17.『科学画報』10巻5号
 資-18.ハンス・プリンツホルン『精神病者の造形』
 資-19.『キング』3巻4号
 資-20.谷譲次著『もだん・でかめろん』
 資-21.『アトリヱ』7巻1号
 資-22.アンドレ・ブルトン著 瀧口修造訳『超現実主義と絵画』
 資-23.阿部金剛著『シュールレアリズム絵画論』〈新芸術論システム〉
 資-24.片岡鉄兵著『女性讃』
 資-25.龍胆寺雄著『放浪時代』〈新鋭文学叢書〉
 資-26.『セレクト』創刊号/創刊号-1巻4号(合冊)
 資-27.菊池寛著『有憂華』
 資-28.『古賀春江畫集』
 資-29.『香蘭』8巻6号、9巻5号、9巻7号、10巻1号
 資-30.『若草』7巻7号
 資-31.吉村比呂詩『詩集 白い人形』〈非人称命題叢書11〉
 資-32.ハーゲンベック・サーカス絵葉書
 資-33.『文藝』1巻2号
 資-34.『古賀春江』


奥付:

新しい神話がはじまる。古賀春江の全貌

カタログ

編集・執筆:
森山秀子 石橋財団石橋美術館
伊藤絵里子 石橋財団石橋美術館
山梨俊夫 神奈川県立近代美術館
長門佐季 神奈川県立近代美術館
橋秀文 神奈川県立近代美術館
平井鉄寛 神奈川県立近代美術館
翻訳:
小川紀久子
制作:
印象社
発行:
東京新聞 ⓒ2010

写真撮影:
上野則宏
大谷一郎
加藤成文
山崎信一
関連記事
  1. 2011/08/28(日) 18:00:00|
  2. 文献の紹介
  3. | コメント:0
<<《コンポジション》 | ホーム | 古川智次編 古賀春江文集『写実と空想』(1984年、中央公論美術出版)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。