古賀春江資料室

洋画家・古賀春江(1895-1933)のデータベースを制作中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

《無題》

無題


無題
Untitled

1932年頃
油彩・カンヴァス
72.5×60cm
右下にサイン:H.KOGA
個人蔵

展覧会歴:
1963年 異色作家展シリーズ第29回「古賀春江展」(渋谷東横デパート)
1975年 「古賀春江回顧展─生誕80周年記念─」(福岡県文化会館) no.112
1981年 「詩情と幻想の画家 古賀春江展」(大牟田市 いづみ画廊) no.10
1986年 「古賀春江──前衛画家の歩み」(石橋美術館・ブリヂストン美術館) no.45
1996年 「麗しき前衛の時代──古賀春江と三岸好太郎」(茨城県近代美術館・石橋美術館) no.K-59
2010年 「新しい神話がはじまる。古賀春江の全貌」(石橋美術館・神奈川県立近代美術館) no.146

掲載文献:
古川智次編『近代の美術36 古賀春江』(至文堂、1976年)pl.105
図録『描いた、生きた、情熱の軌跡 夭折の洋画家たち展』(日本経済新聞社、1993年)



出典(図版):図録『麗しき前衛の時代──古賀春江と三岸好太郎』(1996年、茨城県近代美術館・石橋美術館)p.140
出典(作品データ):図録『新しい神話がはじまる。古賀春江の全貌』(2010年、東京新聞)p.216


〈解説〉
この作品は1975年の大回顧展当時は九州電力が所蔵していたが、その後、個人蔵になった。


※当作品の図版は個人蔵ということで本来なら所有者様から掲載許可を頂かなければならないのですが、それが困難なので、代わりに古賀春江研究の第一人者である森山秀子氏(石橋美術館)から掲載許可を頂いております。
関連記事
  1. 2011/10/25(火) 18:00:00|
  2. 作品の紹介
  3. | コメント:0
<<《山ノ手風景》 | ホーム | 《赤い風景》>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。