古賀春江資料室

洋画家・古賀春江(1895-1933)のデータベースを制作中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

《山ノ手風景》

山ノ手風景


山ノ手風景
Uptown Scene

1928年
油彩・カンヴァス
90.5×72cm
左下にサイン:KOGA-HARUE
個人蔵

展覧会歴:
1928年 「第15回二科展」(東京府美術館) no.106
1934年 「第21回二科展」遺作特陳(東京府美術館) no.568
1934年 「第23回来目会展」遺作特陳(久留米商業会議所) no.3
1935年 「古賀春江遺作回顧展」(新宿紀伊國屋ギャラリー) no.29
1958年 「没後25年記念 古賀春江展」(石橋美術館)
1975年 「古賀春江回顧展─生誕80周年記念─」(福岡県文化会館) no.96
1981年 「詩情と幻想の画家 古賀春江展」(大牟田市 いづみ画廊) no.2
1986年 「古賀春江──前衛画家の歩み」(石橋美術館・ブリヂストン美術館) no.30
1996年 「麗しき前衛の時代──古賀春江と三岸好太郎」(茨城県近代美術館・石橋美術館) no.K-41
2010年 「新しい神話がはじまる。古賀春江の全貌」(石橋美術館・神奈川県立近代美術館) no.110

掲載文献:
里見勝蔵「第十室」 『中央美術』14巻9号(1928年9月)p.46
志保谷達郎「二科展洋画評」 『美之國』4巻10号(1928年10月)p.59
中山巍他「二科連評」 『みづゑ』284号(1928年10月)p.13
『古賀春江画集』(第一書房、1931年)pp.13-14
詩画集『古賀春江』(春鳥会、1934年)p.113
『牛を焚く―古賀春江詩画集―』(東出版、1974年)p.63
古川智次「図版解説」 古川智次編『近代の美術36 古賀春江』(至文堂、1976年)pl.86
古川智次編『古賀春江文集 写実と空想』(中央公論美術出版、1984年)p.68



出典(図版):図録『麗しき前衛の時代──古賀春江と三岸好太郎』(1996年、茨城県近代美術館・石橋美術館)p.97
出典(作品データ):図録『新しい神話がはじまる。古賀春江の全貌』(2010年、東京新聞)p.211


〈解説〉
後日追記予定。


※当作品の図版は個人蔵ということで本来なら所有者様から掲載許可を頂かなければならないのですが、それが困難なので、代わりに古賀春江研究の第一人者である森山秀子氏(石橋美術館)から掲載許可を頂いております。

※解題詩はこちらへ。
関連記事
  1. 2011/10/26(水) 18:00:00|
  2. 作品の紹介
  3. | コメント:0
<<《風景》 | ホーム | 《無題》>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。