古賀春江資料室

洋画家・古賀春江(1895-1933)のデータベースを制作中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

《月花》

月花


月花
The Moon and Flowers

1926年
油彩・カンヴァス
91×117cm
左下にサイン:Koga-Harué
東京国立近代美術館

展覧会歴:
1926年 「第1回聖徳太子奉讃美術展」(東京府美術館)
1934年 「第21回二科展」遺作特陳(東京府美術館) no.562
1935年 「古賀春江遺作回顧展」(新宿紀伊國屋ギャラリー) no.20
1941年 「古賀春江遺作展」(銀座資生堂ギャラリー) no.油彩9
1986年 「古賀春江──前衛画家の歩み」(石橋美術館・ブリヂストン美術館) no.23
1991年 「古賀春江──創作のプロセス」(東京国立近代美術館) no.63
1996年 「麗しき前衛の時代──古賀春江と三岸好太郎」(茨城県近代美術館・石橋美術館) no.K-30
2001年 「古賀春江 創作の原点」(ブリヂストン美術館・石橋美術館) no.27
2010年 「新しい神話がはじまる。古賀春江の全貌」(石橋美術館・神奈川県立近代美術館) no.91

掲載文献:
川路柳虹「太子展の絵画一巡」 『中央美術』12巻6号(1926年5月)p.85
前田寛治「聖徳太子奉讃展洋画部評」 『アトリヱ』3巻6号(1926年6月)p.14
古川智次「図版解説」 古川智次編『近代の美術36 古賀春江』(至文堂、1976年)pl.10
富山秀男「古賀春江『月花』―57年度新収蔵作品より」 『現代の眼』339号(1983年2月)
古川智次編『古賀春江文集 写実と空想』(中央公論美術出版、1984年)p.336
松村恵理「作品解説」 図録『古賀春江―創作のプロセス』(東京国立近代美術館、1991年)pp.62-63



出典(図版):図録『古賀春江──創作のプロセス』(1991年、東京国立近代美術館)p.63
出典(作品データ):図録『新しい神話がはじまる。古賀春江の全貌』(2010年、東京新聞)p.208


〈解説〉
後日追記予定。


※当作品の図版は東京国立近代美術館様から掲載許可を頂いております。

※最終加筆:2014年12月1日
関連記事
  1. 2012/02/15(水) 00:00:00|
  2. 作品の紹介
  3. | コメント:0
<<《室内》 | ホーム | 《母子》>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。