古賀春江資料室

洋画家・古賀春江(1895-1933)のデータベースを制作中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

岡吉枝(古賀好江)宛絵葉書 大正4年(月日不明)

   大正四年(消印)〔月日不明〕〔久留米〕はるえ
     〔久留米〕市櫛原町 岡よし枝様みもとえ

 先日は失礼致しました
 あの画があなたから褒められたものだからまたかきました どうぞまたほめて下さい こう雨が降りつゞいても困ります
 ぢやからとてカン/\照つても困ります 丁度いゝ加減に照つてくれなくてはいやです。けれどもいゝ加減で煮え切らないのは猶更困ります。あなたは……どう思ひなさいますか?。


   〔絵葉書裏〕

 眼のない……鳩さんどこゆ
 きやる──
 野を越えて山こえて
 知らぬ世界が
 あるかいな



底本:古賀春江文集『写実と空想』(1984年、中央公論美術出版)pp.287-288
関連記事
  1. 2012/08/09(木) 20:00:00|
  2. 書簡
  3. | コメント:0
<<《倉》 | ホーム | 岡吉枝(古賀好江)宛絵葉書 大正4年6月22日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。