古賀春江資料室

洋画家・古賀春江(1895-1933)のデータベースを制作中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

岡吉枝(古賀好江)宛絵葉書 大正4年11月14日

   大正四年十一月十四日(消印)〔久留米〕春江
     〔久留米〕市櫛原町一丁目 岡吉枝様

 随分苦しい切ない日を送つてゐます 悪の華が大きな辨を心の一部に咲かせます ANATAの前に散らせねばなりませぬ 是非とも。苦しさの余りMにいつてMからカナリ手酷い忠告を受けました 色々な事をお話しせねバなりませぬ いやな気持で 然しこゝでお話しせなけれバお話し出来ぬ私であるなら もう駄目です ホントニツマラナイ悪党の私になるでせう 万事お目もじの上



底本:古賀春江文集『写実と空想』(1984年、中央公論美術出版)p.289
関連記事
  1. 2012/08/20(月) 00:00:00|
  2. 書簡
  3. | コメント:0
<<岡吉枝(古賀好江)宛絵葉書 大正4年11月25日 | ホーム | 岡吉枝(古賀好江)宛絵葉書 大正4年10月6日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。