古賀春江資料室

洋画家・古賀春江(1895-1933)のデータベースを制作中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

灰谷正夫

灰谷正夫(はいたに・まさお) 1907年〜1985年

洋画家。広島県吉田町(現・安芸高田市)に生まれる。高等小学校卒業後の1922年、就職先の印刷所で靉光、野村守夫と出会う。その後、大阪に出て新燈社美術研究所に学ぶ。1926年、上京。1929年、1930年展入選。1930年、二科展入選。1935年、病気で帰郷。1937年、山路商らと広島フォルム美術協会を結成。戦後、自由美術を舞台に活躍。シュルレアリスムを追究。上京時代の1928年以後、古賀春江に師事。師事といっても、古賀は弟子を取ることをしない人なので、描いた絵を持って行っては批評を仰ぐという関係だった(註1)。


(註1) 金田晉「第二次世界大戦後の広島美術の出発点の一側面―戦後広島の美術的展開〔Ⅰ〕―」 http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/metadb/up/ZZT00001/Kanata_SengoHiroshima.pdf
関連記事
  1. 2012/09/24(月) 06:00:00|
  2. 人物事典
  3. | コメント:1
<<古川智次 | ホーム | 《橋のある風景》>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2015/05/04(月) 18:48:36 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。