古賀春江資料室

洋画家・古賀春江(1895-1933)のデータベースを制作中です。

前川佐美雄

前川佐美雄(まえかわ・さみお) 1903年2月5日〜1990年7月15日

歌人。奈良県生まれ。1925年、東洋大学専門部倫理学東洋文学科卒業。1921年、短歌結社・竹柏会の結社誌『心の花』に入会して佐佐木信綱に師事。1924年、石槫千亦らの曙会に参加。新井洸から影響を受ける。1926年から1933年まで『心の花』編集に携わる。マルクス主義の影響を受け、1928年、同誌の石槫茂(後の五島茂)とともに新興歌人連盟に加わり、1929年、プロレタリア歌人同盟にも参加するが、この頃より芸術派を標榜し、1930年、第一歌集『植物祭』を刊行。シュルレアリスムの表現による幻想的な感覚、想像力の豊かな発想が歌壇内外からの注目を集め、一躍モダニズム短歌の旗手となる。奈良に帰郷後、1934年、歌誌『日本歌人』創刊。その後、保田與重郎、亀井勝一郎らとの交流から日本浪曼派へと傾倒する。1940年、合同歌集『新風十人』に参加。1970年、奈良より神奈川県茅ヶ崎に移住。1989年、日本芸術院会員。『植物祭』の装幀を古賀春江が担当。古賀に前川を紹介したのは当時、短歌雑誌『香蘭』を編集していた木俣修。古賀は前川の住んでいた奈良にも一度訪ねてきたことがあったという(註1)。


(註1) 中野嘉一『古賀春江 芸術と病理(パトグラフィ叢書11)』(金剛出版、1977年)p.86
関連記事
  1. 2012/09/27(木) 09:00:00|
  2. 人物事典
  3. | コメント:0
<<上林暁 | ホーム | 水町百窓>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する