古賀春江資料室

洋画家・古賀春江(1895-1933)のデータベースを制作中です。

中村武羅夫

中村武羅夫(なかむら・むらお) 1886年10月4日〜1949年5月13日

編集者、評論家、小説家。北海道生まれ。小学校卒業後、代用教員をしながら雑誌『文章世界』に投稿を行う。1907年、上京して小栗風葉に師事する。翌年、『新潮』の記者となる。大正初期には『新潮』編集の中心人物と目され、『中央公論』の滝田樗蔭とともに名編集者として知られる。1925年には岡田三郎らと同人誌『不同調』を創刊。傍ら文芸評論の筆をとり、大正末の私小説論争、「誰だ?花園を荒す者は!」(1928年)におけるプロレタリア文学批判など、文壇の時流に敏感な時評家の面目を示した。また、小説にも手を染め、都会風俗を巧みに点描した通俗小説を多作する。『蒼白き薔薇』(新潮社、1929年)の装幀を古賀春江が担当する。
関連記事
  1. 2012/09/28(金) 09:00:00|
  2. 人物事典
  3. | コメント:0
<<池谷信三郎 | ホーム | 長谷和三>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する