古賀春江資料室

洋画家・古賀春江(1895-1933)のデータベースを制作中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

池谷信三郎

池谷信三郎(いけたに・しんざぶろう) 1900年10月15日〜1933年12月21日

小説家、劇作家。東京京橋生まれ。東京府立第一中学校、旧制第一高等学校を経て1922年、東京帝国大学法学部に入学。その後、休学してベルリン大学法科に籍を置くが、1923年、関東大震災のため帰国。1924年、ベルリン生活に取材した「望郷」を『時事新報』の懸賞小説に応募して菊池寛、久米正雄らに認められて当選。以後、作家生活に入る。翌年元旦から開始した連載の挿絵を村山知義が担当したが、斬新過ぎて読者からは不評だった。1925年、村山、河原崎長十郎らと「心座」を結成。第1回公演として自作の戯曲「三月卅二日―伯林悲喜劇―」を築地小劇場で上演。東京帝国大学文芸部の雑誌『朱門』創刊にも尽力。1929年、左傾化した「心座」から脱退して舟橋聖一、今日出海、中村正常らと「蝙蝠座」を立ち上げるが、1933年、結核により死去。都会人の愛欲の種々相を軽快なタッチで描き、新感覚派の一員と目された。代表作に『橋・おらんだ人形』(改造社、1927年)がある。死後、『池谷信三郎全集』(改造社、1934年)が刊行され、1936年、菊池寛によって「池谷信三郎賞」が創設された。「船」(報知新聞、1931年)の挿絵を古賀春江が担当。


参考ウェブ資料:
阿部由香子「池谷信三郎のコスモポリタニズム―二つの『三月卅二日』―」 https://m-repo.lib.meiji.ac.jp/dspace/bitstream/10291/11622/1/bungeikenkyu_85_43.pdf
関連記事
  1. 2012/09/29(土) 06:00:00|
  2. 人物事典
  3. | コメント:0
<<片岡鉄兵 | ホーム | 中村武羅夫>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。