古賀春江資料室

洋画家・古賀春江(1895-1933)のデータベースを制作中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

片岡鉄兵

片岡鉄兵(かたおか・てっぺい) 1894年2月2日〜1944年12月25日

小説家。岡山県生まれ。慶應義塾大学仏文科中退。1921年、「舌」で文壇に登場。1924年、横光利一、川端康成らと同人雑誌『文芸時代』を創刊。新感覚派の作家兼論客として活躍し、短篇集『綱の上の少女』(改造社、1927年)を出すが、1928年、左傾し、「生ける人形」(1928年)、「綾里村快挙録」(1929年)などのプロレタリア小説で注目される。1930年、検挙。1933年、転向。出獄後、少女小説、大衆小説に手を染め、晩年は戦争に協力的な態度をとった。『女性讃』(新潮社、1930年)の装幀を古賀春江が担当。
関連記事
  1. 2012/10/04(木) 09:00:00|
  2. 人物事典
  3. | コメント:0
<<古賀政男 | ホーム | 池谷信三郎>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。