古賀春江資料室

洋画家・古賀春江(1895-1933)のデータベースを制作中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

菊池寛

菊池寛(きくち・かん) 1888年12月26日〜1948年3月6日

小説家、劇作家。本名・寛(ひろし)。1910年、第一高等学校に入学。1913年、中退。のち京都帝国大学英文科卒業。1914年、一高時代の旧友、芥川龍之介、久米正雄らと第3次『新思潮』を、1916年、第4次『新思潮』を起こし、同年、「屋上の狂人」、1917年、「父帰る」などの戯曲を経て、1918年、「ゼラール中尉」「無名作家の日記」「忠直卿行状記」、1919年、「恩讐の彼方に」「藤十郎の恋」など小説を矢継ぎ早に発表して認められた。「入れ札」(1921年)、「蘭学事始」(1921年)などの名作を残す一方、新聞連載の『真珠夫人』(1920年)の成功によって通俗小説に領域を広げ、昭和期には通俗小説家として大成。また雑誌『文藝春秋』創刊(1923年)以後の出版事業の成功、劇作家協会、小説家協会設立(1921年、のちあわせて日本文芸家協会)による文筆家の福利厚生事業、芥川賞、直木賞の設定(1935年)による新人育成などで「文壇の大御所」と呼ばれる実力を示した。『有憂華』(新潮社、1931年)の装幀を古賀春江が担当。
関連記事
  1. 2012/10/21(日) 21:00:00|
  2. 人物事典
  3. | コメント:0
<<町田トシコ | ホーム | 谷譲次>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。