古賀春江資料室

洋画家・古賀春江(1895-1933)のデータベースを制作中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ジャック・エロルド

ジャック・エロルド(Jacques Herold) 1910年〜1987年

画家。ルーマニア生まれ。20歳の時にフランスに渡る。1934年、シュルレアリスムのグループに加入。ヴィクトル・ブローネルとともに第二次世界大戦後のシュルレアリスム運動の中心的存在として活躍する。「結晶の画家」とも呼ばれる。1980年頃、阿部良雄(フランス文学者、東京大学名誉教授)がパリで「日本のシュルレアリスム」について講義した時、「是非講義に出たいが、どうも朝早過ぎて」というエロルドのために知り合いの批評家の自宅で一晩、戦前日本の前衛絵画のスライドを写して見せた。阿部が「どの画家が一番印象に残ったか?」と後で尋ねたところ、名前は思い出せぬままに、「あの形而上絵画の作家だ。アンドレ・ロートを模倣したそうだがロートよりずっと優れた画家だと思う。」と、明らかに古賀春江を指す答えが返って来たという(註1)。


(註1) 図録『古賀春江―前衛画家の歩み』(石橋美術館・ブリヂストン美術館、1986年)p.10

参考資料:
「ジャック・エロルド 結晶のイマージュにとり憑かれた画家」(日本アートNipponArtのブログ) http://blogs.yahoo.co.jp/art_nippon/21565402.html
関連記事
  1. 2012/10/31(水) 12:00:00|
  2. 人物事典
  3. | コメント:0
<<アンドレ・ロート | ホーム | 松田一三>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。