古賀春江資料室

洋画家・古賀春江(1895-1933)のデータベースを制作中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

赤城泰舒

赤城泰舒(あかぎ・やすのぶ) 1889年6月20日〜1955年1月31日

水彩画家。静岡県駿東郡生まれ。1904年、静岡中学を病気で中退し、葉山に転地療養する。この頃、大下藤次郎主宰の雑誌『みづゑ』に影響を受け、水彩画を始める。1906年、大下藤次郎の内弟子となり、太平洋画会研究所、水彩画講習所、日本水彩画会研究所に学ぶ。1909年、第3回文展に初入選。以後文展、帝展、新文展、二科展、光風会展に出品。1911年、大下の没後、『みづゑ』の編集に当たる。1913年、日本水彩画会の創立に参加。1918年、光風会会員。1921年、文化学院創立に際し、絵画科を担当。1942年、女子美術専門学校講師となる。1943年、新文展の審査員となる。戦後は日展に出品。明るい色調の平明な水彩画を描き、美術教育にも尽くした。1955年、脳出血のため東京都新宿区で死去。著書に『水絵の手ほどき』(博文館、1929年)などがある。古賀春江との出会いは1913年、古賀が日本水彩画会研究所に入所した頃で、その後、親交が深まり、1926年には古賀、小山周次らと「水絵連盟」を組織した。古賀没後の1944年、浄土宗善福寺境内に建立された古賀春江供養塔の発起人に名を連ねる(註1)。


(註1) 図録『新しい神話がはじまる。古賀春江の全貌』(東京新聞、2010年)p.187
関連記事
  1. 2012/11/16(金) 21:00:00|
  2. 人物事典
  3. | コメント:0
<<高田力蔵 | ホーム | 阿部金剛>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。