古賀春江資料室

洋画家・古賀春江(1895-1933)のデータベースを制作中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

飯田三吾

飯田三吾(いいだ・さんご) 1900年〜1965年

洋画家。三重県四日市市生まれ。父は6代続く飯田病院の院長。1918年、三重県立富田中学校を卒業。同年、上京して本郷に住み、川端画学校に通い藤島武二に師事。同校で横山潤之助を知る。1922年、横山に誘われて中川紀元、神原泰、古賀春江らとともに二科会系の前衛美術団体「アクション」の創立同人となる。第1回展と第2回展に出品するが、1924年、「アクション」解散。アクション以後は作品を発表せずに制作を続ける。1925年、結婚後、武蔵野市吉祥寺にアトリエを建てる。この頃、海老原喜之助、津田正周、永田一脩、横井礼市(礼以)らと交友を結ぶ。1929年、大森南千束町に転居。この頃、藤田嗣治の滞欧作展を見て東洋画の研究を始める。この間、応召出征。1937年、父の懇望をうけ郷里・四日市市に帰り、飯田病院理事長となる。一方、制作は続け、地方の青年画家たちの指導にあたり、また、市美術展から強い誘いを受けて数回にわたり賛助出品した。1952年、父、死去。病院の経営にあたりながら、再度上京して制作する夢を持ち続けた。1965年、胃癌のため病没。1967年、銀座・みゆき画廊で遺作展開催。画集に門脇義一郎編『飯田三吾遺作集』(三彩社、1968年)がある。また、三重県立美術館に素描を中心とする数多くのコレクションがある。


参考文献:
図録『大正新興美術の息吹 アクション展』(朝日新聞社、1989年)
関連記事
  1. 2012/11/27(火) 09:00:00|
  2. 人物事典
  3. | コメント:0
<<泉治作 | ホーム | 吉田卓>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。