古賀春江資料室

洋画家・古賀春江(1895-1933)のデータベースを制作中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

重松岩吉

重松岩吉(しげまつ・いわきち) 生没年未詳

洋画家。ニューヨークのインデペンデント・スクール・オブ・アーツに留学。1921年、第8回二科展ならびに第2回未来派美術協会展に出品。1922年、三科インデペンデント展に出品。同年、中川紀元、神原泰、古賀春江らとともに二科会系の前衛美術団体「アクション」の創立同人となる。1923年、丸ビルにおける未来派美術協会展に参加。昭和初期、台湾や中国を放浪。中国近代絵画の一大コレクションを形成した外交官・須磨弥吉郎(1892~1970)と知り合い、作品を買い上げてもらうことで生計を立てていた。京都国立博物館に須磨の遺族が寄贈した重松の作品が数点収蔵されている。


参考文献:
図録『大正新興美術の息吹 アクション展』(朝日新聞社、1989年)

参考ウェブ資料:
呉孟晋「須磨コレクションの日本人画家たち─京都国立博物館に日本の近代洋画があるわけ─」(京都国立博物館「よみもの」No. 69) http://www.kyohaku.go.jp/jp/kankou/haifu/yomimono_data/0069.html
関連記事
  1. 2013/01/14(月) 18:00:00|
  2. 人物事典
  3. | コメント:0
<<吉邨二郎 | ホーム | 難波慶爾>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。