古賀春江資料室

洋画家・古賀春江(1895-1933)のデータベースを制作中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

山本行雄

山本行雄(やまもと・ゆきお) 1902年〜1962年

洋画家。北海道国後島生まれ。少年時代を函館で過ごす。1920年、中学校卒業後に独学で油彩画を学び、同年の第7回二科展に初出品初入選。有島武郎の知遇を得、一時東京で川端画学校などに学んだ。第8回二科展に入選。この頃から中川紀元と交友を始めた。1922年、東京に居を定め、中川、神原泰、古賀春江らとともに二科会系の前衛美術団体「アクション」の創立同人となる。「アクション」解散後は横山潤之助らと「ヴェルム」を結成した他、二科展や中央美術展などに出品。1930年、山本御之の号で第10回新興大和絵会展に出品。この頃から複数のペンネームで小説、演劇評を執筆する他、さまざまな事業を手掛けた。1942年、第1回大東亜戦争美術展に日本画を出品して、朝日新聞社賞受賞。戦後は新制作展などに再び油彩画を発表する他、政治活動、各種の事業、小説、文芸雑誌の挿絵など多様な分野で活動した。


参考文献:
図録『大正新興美術の息吹 アクション展』(朝日新聞社、1989年)
目録『アクション展 1920年の青春 函館モダニスト・山本行雄と”アクション”の友人たち』(北海道立函館美術館、1989年)

参考ウェブ資料:
「山本行雄」(はこだて人物誌) http://www.city.hakodate.hokkaido.jp/soumu/hensan/jimbutsu_ver1.0/b_jimbutsu/yamamoto_yuki.htm
関連記事
  1. 2013/01/17(木) 18:00:00|
  2. 人物事典
  3. | コメント:0
<<森山秀子 | ホーム | 吉邨二郎>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。