古賀春江資料室

洋画家・古賀春江(1895-1933)のデータベースを制作中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

北原白秋

北原白秋(きたはら・はくしゅう) 1885年1月25日〜1942年11月2日

詩人、歌人、童謡作家。福岡県沖端村(現・柳川市)出身。本名・隆吉。生家は九州一円にその名を知られる海産物問屋で、父の代は酒造業を営んだ。1897年、県立中学伝習館に入学。1902年、『文庫』に詩歌を投稿する。1904年、早稲田大学英文科に入学したがまもなく中退。同級に若山牧水、土岐善麿、服部嘉香らがいた。1906年、与謝野鉄幹の新詩社に参加して『明星』に詩歌を発表。まもなく木下杢太郎、吉井勇らと新詩社を脱退し、1908年に「パンの会」を興して耽美主義運動の推進者となる。1909年1月、『スバル』の創刊に参画。故郷柳川をはじめ、長崎、天草を旅して南蛮文学の先鞭となる詩作の契機を得、耽美的象徴詩集『邪宗門』(易風社、1909年)を発表。一方、郷里の風物や少年時代の回想をうたった詩集『思ひ出』(東雲堂書店、1911年)、刺激的な都会風景を叙した詩集『東京景物詩及其他』(東雲堂書店、1913年)のほか歌集『桐の花』(東雲堂書店、1913年)を刊行。詩壇および歌壇の第一人者と目されるに至った。これらの活動は『朱欒(ザンボア)』、『ARS(アルス)』などの文芸誌に継続されたが、さらに童謡、民謡、小唄、随筆、小説など多様な領域で次々に新生面を開拓していった。ほかに詩集『水墨集』(アルス、1923年)、歌集『雲母集』(阿蘭陀書房、1915年)、散文集『雀の生活』(新潮社、1920年)、童謡集『トンボの眼玉』(アルス、1919年)、民謡集『日本の笛』(アルス、1922年)、歌論集『短歌の書』(河出書房、1942年)などがある。1941年、日本芸術院会員。1942年、東京で逝去。古賀春江は若い頃(上京したての頃と推測される)に白秋の強い影響下にあった。歌集『桐の花』を特に愛好し、初期のスケッチブック(石橋美術館所蔵)には白秋のモティーフを流用した自作の短歌やスケッチが幾つか記されている。また、随筆「水絵の象徴性に就て」(『みづゑ』1920年8月)にも白秋の美学からの影響が垣間見られる(註1)。なお、古賀と北原に交流があったかどうかは明らかになっていない。


(註1) 橋秀文「古賀春江の初期のスケッチブック―北原白秋への憧憬から旅立ちへ―」 図録『新しい神話がはじまる。古賀春江の全貌』(東京新聞、2010年)pp.161-165
関連記事
  1. 2013/01/19(土) 22:00:00|
  2. 人物事典
  3. | コメント:0
<<北原義雄 | ホーム | 森山秀子>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。