古賀春江資料室

洋画家・古賀春江(1895-1933)のデータベースを制作中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

王丸勇

王丸勇(おうまる・いさむ) 1901年~1995年

精神医学者。福岡県久留米市出身。福岡県立中学修猷館(現・福岡県立修猷館高等学校)卒業後、九州帝国大学医学部に入学。下田光造に師事。1929年11月、九州高等医学専門学校(現・久留米大学医学部)神経精神医学講座開設の際に初代教授に就任。後に同大学医学部長。退任後、名誉教授。日本精神神経学会会長、日本精神分析学会会長、九州精神神経学会会長を歴任。病跡学(パトグラフィー)の大家として知られ、菅原道真、上杉謙信、千利休、徳川綱吉、乃木希典など、歴史上の人物にまつわる病跡学的な論考を『日本病跡学雑誌』『日本医事新報』『臨床科学』などの医学雑誌に最晩年まで精力的に発表し続けた。また、小田晋によると、夢野久作はその精神医学的知識を王丸から得ていた(註1)。著書に『持続睡眠療法』(金原出版、1959年)、『病跡学から見た松平忠直・徳川家光・徳川綱吉』(歴史図書社、1970年)、『菅原道真』(金剛出版、1980年)、『千利休と村田珠光』(近代文芸社、1986年)など。1976年から1977年にかけて、同郷の古賀春江にまつわる病跡学的な論考を『日本病跡学雑誌』に発表している(註2)。その論考の主旨は、「進行麻痺のような破壊的疾患過程もその初期には生産性やときには創造性を促進することも考えられる」というものである。


(註1) 「『『変態心理』と中村古峡』(小田晋ほか編)から」(「神保町系オタオタ日記」2006年1月11日投稿) http://d.hatena.ne.jp/jyunku/20060111/p1 2013年1月20日閲覧
(註2) 桜井政行、王丸勇「前衛画家・古賀春江(1)」 『日本病跡学雑誌』12号(1976年7月)pp.49-51
    桜井政行、王丸勇「前衛画家・古賀春江(2)」 『日本病跡学雑誌』13号(1977年5月)pp.34-35
    王丸勇「進行麻痺と芸術―古賀春江の場合」 『日本病跡学雑誌』14号(1977年11月)pp.1-8
関連記事
  1. 2013/11/13(水) 16:31:48|
  2. 人物事典
  3. | コメント:0
<<『第34回二科展覧会出品目録(古賀春江回顧展)』(1949年、二科会) | ホーム | 長門佐季>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。