古賀春江資料室

洋画家・古賀春江(1895-1933)のデータベースを制作中です。

浅野孟府

浅野孟府(あさの・もうふ) 1900年1月4日〜1984年4月16日

彫刻家。東京都出身。本名・猛夫。東京築地工芸学校建築科を卒業後、1918年、東京美術学校彫刻科専科に入学、北村西望に師事。同年、日本美術院展に入選。1920年、第1回未来派美術協会展に出品。1921年、岡本唐貴とともに戸田海笛のもとで木彫を学ぶ。この年、戸田とともに未来派美術協会会員に推挙され、第2回展に浅野草之助として出品。1922年、東京美術学校を中退。この年、二科展に入選。三科インデペンデント展に浅野孟府の名で出品し、同年、中川紀元、神原泰、古賀春江らとともに二科会系の前衛美術団体「アクション」の創立同人となり、二科会彫刻部草創期の数少ない出品者の一人として活躍。関東大震災後は神戸に移り住み、岡本らと「DVL」を結成し、創作・発表活動の拠点とした。関西ではほかに、関西学院の学生らが中心となって発行した詩誌『横顔』(1924年11月創刊)に、岡本とともに同人として名をつらね、第1、2、4、6号の表紙を幾何学的構成の木版画で飾り、第3号には表現主義的作風の木版画を提供した。また写真家の淵上白陽発行の美術雑誌、『造型』(1925年4月)を編集している。1924年、アクションの分裂後、神原、岡本、矢部友衛、村山知義らと三科造型美術協会を結成、前衛美術運動を展開する。1925年、神原、岡本、矢部らと「造型」を創立。1927年、このグループを再編して「造型美術家協会」と改め、プロレタリア美術運動に突き進んだ。1929年、日本プロレタリア美術家同盟(PP)結成に参加。1930年、大阪に移住。新興人形劇団「トンボ座」を結成する。1931年、大阪プロレタリア美術研究所を設立。1937年、陶芸研究のため野崎村に窯を開き移住。1940年、徴用されて、松下飛行機工場、東宝映画に勤務する。昭和初期は前進座大阪初公演「歌舞伎王国」、戦旗構成合同公演「太陽のない街」などの舞台美術も手がけた。1936年、アーノルド・ファンク、伊丹万作共同監督による日独合作映画「新しき土」、1942年、山本嘉次郎監督「ハワイ・マレー沖海戦」などの特殊撮影を担当。戦後は二科会の再建に参加して会員となるが、1955年、高岡徳太郎、鈴木信太郎らと一陽会を創立し、植木力とともに彫刻部の指導的立場にあって出品を続ける。1970年、ギリシア旅行。1972年、大阪彫刻家会議初代会長に就任。1973年、大阪芸術賞受賞。肖像彫刻ではモニュメンタリティを加えつつ写実的作風を示したが、自由な制作においては写実にとらわれず、対象の形を簡略化、理想化した。初期作品にはアーキペンコの影響が強く見られる。また、戦後も彫刻制作の傍ら、舞台美術も続けた。1984年、大阪市東区で死去。作品集に『浅野孟府彫刻作品集』(浅野孟府彫刻作品集刊行委員会、1986年)がある。


参考文献:
『美術家人名事典―建築・彫刻篇―古今の名匠1600人』(日外アソシエーツ、2011年)
関連記事
  1. 2013/11/09(土) 00:00:00|
  2. 人物事典
  3. | コメント:0
<<作家に関する文献 展覧会目録・図録 | ホーム | 米田雄郎>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する