古賀春江資料室

洋画家・古賀春江(1895-1933)のデータベースを制作中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

尾川多計

尾川多計(おかわ・たけい) 1906年〜1945年10月12日

美術評論家。東京生まれ。川端画学校洋画部に学び、美術雑誌『アルト』『中央美術』や三省堂の広報誌『エコー』等の編集をした後、毎日新聞社に入り、文化部嘱託として美術評論を担当。1939年12月、「大月源二作品頒布会」の賛助員に名を連ねる(註1)。同年、『福井謙三画集』(造形文化協会、1939年)を編纂。1940年12月、「美術問題研究会」の発起人に名を連ねる(註2)。1945年10月12日、交通事故のため逝去。没後、尾川可住『途上にて 尾川多計美術評論遺稿集』(私家版、1991年)が編纂された。古賀春江のシュルレアリスム風絵画については手厳しい評価をしており、「二科の九号室―現実遊離主義の諸作品―」(『アトリヱ』8巻10号、1931年10月)で「先づ古賀氏の「現実線を切る主智的表情」をとつて見る。これは「感傷の生理に就いて」と共に古賀氏の力作(?)らしいが、画面は、鋼鉄製のロボツトが馬に乗つて障碍物を越さうとする所を、断髪に乗馬服のモガが、モーゼルの軽機関銃を構へて今正に打たうとしてゐる処である。思ふに古賀氏は、そのジヤーナリステイツクな神経を以て、エロテイシズムとメカニズムとそれに映画的な要素さへあれば最も尖端的な作品が出来ると考へたらしい。この事は「感傷の生理に就いて」に於ても言はれ得るが、彼のその意図は、彼が前述の三要素を正しく理解してゐない事によつて明かな失敗に終つてゐる。」「要するにこれは、今までの芸術至上主義的作品から次第に離れて行く一般観衆を、唯単なる題材及び画題への好奇心のみで引留めようとする悲しき努力の表れに過ぎないのであつて、而も之は古賀氏一人の作品のみではなく、この室全体に亘つての傾向である。」と述べている(註3)。


(註1) 鶴見太郎「旧無産芸術運動家による戦時下絵画頒布会」(『早稲田大学大学院文学研究科紀要 第4分冊』49巻 pp.3-13、2003年) http://dspace.wul.waseda.ac.jp/dspace/bitstream/2065/8590/1/81044_49.pdf 2014年2月27日閲覧
(註2) 「AICA JAPAN Background 美術評論家連盟結成経緯」(AICA JAPAN 国際美術評論家連盟日本支部) http://www.aicajapan.com/about/background.htm 2014年2月27日閲覧
(註3) 尾川多計「二科の九号室―現実遊離主義の諸作品―」 『アトリヱ』8巻10号(1931年10月)

参考ウェブ資料:
「尾川多計―『日本美術年鑑』(当研究所刊行)所載物故記事 1945年」(東京文化財研究所) http://www.tobunken.go.jp/japanese/bukko/1945.html 2014年2月27日閲覧
関連記事
  1. 2014/02/28(金) 21:00:00|
  2. 人物事典
  3. | コメント:0
<<佐藤信弘 | ホーム | 志保谷達郎>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。