古賀春江資料室

洋画家・古賀春江(1895-1933)のデータベースを制作中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

《涯しなき逃避》

涯しなき逃避


涯しなき逃避
Endless Flight

1930年
油彩・カンヴァス
116.6×91.2cm
右下にサイン:HARUE KOGA
ブリヂストン美術館

展覧会歴:
1930年 「第17回二科展」(東京府美術館) no.165
1941年 「古賀春江遺作展」(銀座資生堂ギャラリー) no.油彩16
1958年 「没後25年記念 古賀春江展」(石橋美術館) no.油彩26
1975年 「古賀春江回顧展─生誕80周年記念─」(福岡県文化会館) no.111
1986年 「古賀春江──前衛画家の歩み」(石橋美術館・ブリヂストン美術館) no.39
1991年 「古賀春江──創作のプロセス」(東京国立近代美術館) no.88
1996年 「麗しき前衛の時代──古賀春江と三岸好太郎」(茨城県近代美術館・石橋美術館) no.K-50
2001年 「古賀春江 創作の原点」(ブリヂストン美術館・石橋美術館) no.57
2010年 「新しい神話がはじまる。古賀春江の全貌」(石橋美術館・神奈川県立近代美術館) no.135

掲載文献:
荒城季夫「二科のグリンプス」 『美之國』6巻9号(1930年9月)p.14
神原泰「二科評」/楢原豊一「二科展を見て」 『アトリヱ』7巻10号(1930年10月)pp.16-20/p.34
一九三〇年協会「二科展合評」/福島繁太郎「二科漫談」/仲田定之助「二科の超現実主義的作品」 『美術新論』5巻10号(1930年10月)p.19/p.61/pp.67-68
古川智次「図版解説」 古川智次編『近代の美術36 古賀春江』(至文堂、1976年)pl.104
浅野徹「図版解説」 『原色現代日本の美術8 前衛絵画』(小学館、1978年)p.40/p.55
徳田良仁「古賀春江―夢幻と理知の詩」 嘉門安雄、徳田良仁編『創造と苦悩の軌跡―東と西の世紀末芸術』(金剛出版、1982年)pp.59-62
小泉淳一「涯しなき逃避―狂人のデッサンによる絵画とは」 『美術手帖』566号(1986年8月)pp.128-135
速水豊「日本シュルレアリスム絵画の発生―イメージの移入とその影響―」
  『日本美術のイコノロジー的研究―外来美術の日本化とその特質―』[平成元年度・二年度科学研究費補助金(総合研A)研究成果報告書](1991年3月)pp.38-39⏎
松村恵理「作品解説」 図録『古賀春江―創作のプロセス』(東京国立近代美術館、1991年)p.82



出典(図版):図録『新しい神話がはじまる。古賀春江の全貌』(東京新聞、2010年)p.123
出典(作品データ):図録『新しい神話がはじまる。古賀春江の全貌』(東京新聞、2010年)pp.214-215


〈解説〉
後日追記予定。


※当作品の図版はブリヂストン美術館様から掲載許可を頂いております。
関連記事
  1. 2015/02/11(水) 10:17:15|
  2. 作品の紹介
  3. | コメント:0
<<《花》 | ホーム | 《単純な哀話》>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。