古賀春江資料室

洋画家・古賀春江(1895-1933)のデータベースを制作中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

《鳥籠》

鳥籠


鳥籠
Birdcage

1929年
油彩・カンヴァス
111.2×145cm
右下にサイン:HARUE KOGA
石橋美術館

展覧会歴:
1929年 「第16回二科展」(東京府美術館) no.136
1949年 「第34回二科・古賀春江回顧展」(東京都美術館) no.11
1958年 「没後25年記念 古賀春江展」(石橋美術館) no.油彩23
1975年 「古賀春江回顧展─生誕80周年記念─」(福岡県文化会館) no.101
1986年 「古賀春江──前衛画家の歩み」(石橋美術館・ブリヂストン美術館) no.33
1991年 「古賀春江──創作のプロセス」(東京国立近代美術館) no.77
1996年 「麗しき前衛の時代──古賀春江と三岸好太郎」(茨城県近代美術館・石橋美術館) no.K-46
2001年 「古賀春江 創作の原点」(ブリヂストン美術館・石橋美術館) no.50
2010年 「新しい神話がはじまる。古賀春江の全貌」(石橋美術館・神奈川県立近代美術館) no.130

掲載文献:
「…光るシュールレアリズムの新傾向」 『時事新報』(1929年8月26日)
森口多里「二科会を評す(三)」 『東京朝日新聞』(1929年9月6日)
高森猟夫「二科小評(上)」 掲載紙不明(1929年9月9日)
春山武松「二科展評(一)」 『大阪朝日新聞?』(1929年9月10日)
森口多里他「二科合評」 『アトリヱ』6巻10号(1929年10月)p.20
鈴木千久馬「二科を評す」/高畠達四郎「二科会評」 『美術新論』4巻10号(1929年10月)p.35/p.48
美術思潮同人「二科を語る」 『美之國』5巻10号(1929年10月)p.29
東郷青児「二科会の諸作」/荒城季夫「二科に於ける近代性」 『みづゑ』296号(1929年10月)p.4/p.7
竹中久七「昨日のメモ」 『FANTASIA』2号(1929年12月)pp.45-46
『古賀春江画集』(第一書房、1931年)pp.16-17
詩画集『古賀春江』(春鳥会、1934年)p.116
佐野年一「古賀春江君の思出」 『筑後』5巻6号(1937年6月)p.13
阿部金剛「古賀春江のことなど」 『美術手帖』12号(1948年12月)p.59
『牛を焚く―古賀春江詩画集―』(東出版、1974年)p.75
古川智次「図版解説」 『近代の美術36 古賀春江』(至文堂、1976年)p.66
酒井忠康「作品解説」 『全集美術のなかの裸婦12 日本の裸婦』(集英社、1981年)pp.100-101
古川智次編『古賀春江文集 写実と空想』(中央公論美術出版、1984年)pp.71-72
原田光「作家と作品」 『アサヒグラフ増刊 美術特集 近代日本洋画に見る裸婦』(朝日新聞社、1984年)pp.92-93
杉本秀子「一九二九年の古賀春江」 『デアルテ』5号(1989年3月)pp.93-102
松村恵理「作品解説」 図録『古賀春江―創作のプロセス』(東京国立近代美術館、1991年)p.74
速水豊「古賀春江の超現実主義絵画と同時代のイメージ」 『美術史』137号(1995年3月)pp.116-132



出典(図版):図録『新しい神話がはじまる。古賀春江の全貌』(東京新聞、2010年)p.120
出典(作品データ):図録『新しい神話がはじまる。古賀春江の全貌』(東京新聞、2010年)p.214


〈解説〉
後日追記予定。


※当作品の図版は石橋美術館様から掲載許可を頂いております。
関連記事
  1. 2015/01/14(水) 23:37:55|
  2. 作品の紹介
  3. | コメント:0
<<《単純な哀話》 | ホーム | 《煙火》>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。