古賀春江資料室

洋画家・古賀春江(1895-1933)のデータベースを制作中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

《干物》

干場_convert_20160311210841


干物

1919年
油彩(支持体不明)
62×51.5cm
個人蔵

展覧会歴:
1953年 「小出楢重・古賀春江展」(神奈川県立近代美術館) no.3



出典(図版):目録『古賀春江展』(神奈川県立近代美術館 鎌倉、1953年)n.p.
出典(作品データ):目録『古賀春江展』(神奈川県立近代美術館 鎌倉、1953年)n.p.


〈解説〉
古賀春江が油彩を描き始めてごく初期の作品。1955年に「古賀春江同好会」の名前で東京国立近代美術館に古賀の遺作が一括寄贈されたが、おそらくその一連のものと思われる。ただ、何らかの理由で寄贈対象から外されたものと推測される。


※当作品の図版は個人蔵ということで本来なら所有者様から掲載許可を頂かなければならないのですが、それが困難なので、代わりに古賀春江研究の第一人者である森山秀子氏(石橋美術館)から掲載許可を頂いております。
関連記事
  1. 2016/03/11(金) 21:12:30|
  2. 作品の紹介
  3. | コメント:0
<<《婦人像》 | ホーム | 《婦人像》>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。