古賀春江資料室

洋画家・古賀春江(1895-1933)のデータベースを制作中です。

アポロンの花

腰の細い駱駝に乗つて
僕は永遠の沙漠を馳る

僕は青い月光の外套を着て
空中の椰子果を啖べる

僕は憂欝なる魂で(魂を以て)
文明の星等を抱き
永遠の沙漠を馳る

   (一九三〇)



初出:詩画集『古賀春江』(1934年9月、春鳥会)
底本:古賀春江文集『写実と空想』(中央公論美術出版)p.138
関連記事
  1. 2010/07/10(土) 18:00:00|
  2. | コメント:0
<<感傷 | ホーム | 詩抄(動物園の白熊、淋しき、顔、川端にて)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する