古賀春江資料室

洋画家・古賀春江(1895-1933)のデータベースを制作中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鳩の指

深い所に青い眉のある香油を見て
花粉の精神に同情してゐます
銀光色の線に跨つた孔雀よ
刻々に生長してゆく憂欝のやうに
僕の掌に眠れ
乳房は港の文明であり
耳は地球の秘密である
死んだ自分の肖像は勇敢な水夫のやうに
単身海へ乗り出させよ
蔓草の風は無意識な顔を吹く
一つの階段の海には撒水夫が憩ふ(憩つてゐる)
速度を正確に持つた水平線は遠景を昇る
星の輝いてゐるパイプ
メロンのやうな青い花火は
それは疑問符のついた球体である
当然な澄明なる刃
音楽の如く巻き上る噴水
環のついた曖昧な刺
かくれた真理が浮きあがる

   (一九三〇)



初出:詩画集『古賀春江』(1934年9月、春鳥会)
底本:古賀春江文集『写実と空想』(中央公論美術出版)p.138-139
関連記事
  1. 2014/09/11(木) 22:34:02|
  2. | コメント:0
<<パントマイム | ホーム | 満開の花の咲いた列車>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。