古賀春江資料室

洋画家・古賀春江(1895-1933)のデータベースを制作中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

喜ばしき船出─『新しき時代の精神に送る』の著者へ

  『新しき時代の精神に送る』の著者へ。

  指令を待つて
  行動しやうといふのか
  行動する者にしか
  道は示されない
  与へられたら
  手を出さうといふのか
  手を出した者にしか
  与え〔#「え」に「ママ」の注記〕られない──

遙か彼方の山上に立つて
ひとりの人が合図をする
生活と創造
発動力に充ち満ちた
おゝ 時をあやまたず
われ/\は乗り出さう
狭霧につゝまれた『抽象』へ
誰れか今更入らうとするものぞ
精神は
これだ と
両手に抱きたいではないか
言葉は
この眼に見たいではないか

まあも一度
考へなほさうと云ふ人よ
新しい黎明が見えるではないか
時が
おそ過ぎないうちに
多様な協働のもとに
走らうではないか

あゝこの不思議な慾望が
われ等の胸を溢れ出る
蒼空の奥所《おくど》から
偉大な太陽が照りつける下で
波頭がよせては砕けるなぎさで

思想の発源地
恋の夢見所
現代精神の
生活の
渡航場──
波頭は鞺々とくだける
このあこがれの
うれしさ

あゝ 風はびようぼうと大洋を亘つて
我等の頭上を吹きめぐる
火を燃せ
同胞よ
われ等一団となつて
松葉の山をたきつくさう
拝火教徒の狂信にまで
強い真紅の火を燃せ

新しい黎明が見えるではないか
この海辺の山の上へ
世界の隅々から見える頂上へ
われ等の旗を押し立てゝ
船出の祝杯を上げやうよ

われ等
行きたい希みのものだ
卑怯な触角をもたないものは
その身全部を触角として打ちあたる
行つて見やう
漂茫とした海洋の果
灼熟〔#「熟」に「ママ」の注記〕する地平線の彼方へ
何があるか
同胞よ
行つて見やう

この真新しい
黄色い意慾の漁船は
すばらしい力に盛り上げられた
網にかゝつたものを
目的の獲物として
切りのない航海へ
ゆつくりと
急いで
無限の浪の上を
世界意匠を縫ひ取りして

遙か彼方の山上から
合図の鐘が鳴り響く
新月か
ぼろ屑か
そのうへに出かけやう
用意は出来た
繫縛《つな》を切れ
風は追手だ
潮流《しほ》はよし
舵手も座につけ
帆を上げろ
旭《ひ》にかゞやく帆を上げろ

健康と
青春の
何と朗らかな朝ではないか
寒風と 星と 雲と
潮音と太陽と
原始の
本源の
声に合して
われ等一齊に
新しい生命の船唄を歌はう

         一三、二、六



初出:『みづゑ』229号(1924年3月)pp.2-4
底本:古賀春江文集「写実と空想」(中央公論美術出版)p.83-89
関連記事
  1. 2014/09/11(木) 22:43:48|
  2. | コメント:0
<<《素朴な月夜》 | ホーム | 春素描>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。