古賀春江資料室

洋画家・古賀春江(1895-1933)のデータベースを制作中です。

精神のとある一瞬に見得るもの或は遠景の拒絶

街角を曲る水の色は
壮厳なる帽子を映すであらうか
其所で尖鋭なる光る花等の行進を見給へ
彼女等は笑ひの凡てに対して
光栄なる脚を捧げる
潜航艇の如き直線形態で
時にフラ/\として空中に蝶等の甘い唾液を吸ひ
雲の上の皿から
香りのよいパイプの如く飛行するその古風な習慣を学ぶ時には
燦爛と岸に燃ゆる彼女等を見るであらう
永遠の仮定は常に立派で純粋である
既に人間の心臓は溢れる波の川であるとする倫理学の学的効果は
人間等の均整の正しい帽子の中では探し出す事が出来ないのである

   (一九三一)



初出:詩画集『古賀春江』(1934年9月、春鳥会)
底本:古賀春江文集『写実と空想』(中央公論美術出版)p.144-145
関連記事
  1. 2014/09/11(木) 22:30:06|
  2. | コメント:0
<<一人の神話 | ホーム | 黎明の脚>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する