古賀春江資料室

洋画家・古賀春江(1895-1933)のデータベースを制作中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

一人の神話

憂欝なる斜線を引かれた宝石色の賓客
鞠を持つた自転車
彎曲せる理想が揺れるのです
千鳥よ 千鳥よ
蒲団が重いとあなたは何時も寝言を言ふ

   (一九三一)



初出:詩画集『古賀春江』(1934年9月、春鳥会)
底本:古賀春江文集『写実と空想』(中央公論美術出版)p.145
関連記事
  1. 2014/09/11(木) 22:30:57|
  2. | コメント:0
<<空間の整理 | ホーム | 精神のとある一瞬に見得るもの或は遠景の拒絶>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。