古賀春江資料室

洋画家・古賀春江(1895-1933)のデータベースを制作中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

広告風船

電車・自動車・オートバイの爆音 ラヂオの声 工場のサイレン等等の耳を聾するばかりの狂噪楽
ビルデイングの直線とアスフアルト舗道の直線の交錯 起重機の突き上る斜線 眼に見えぬ電流の唸り 群衆の喊声 体臭 熱 光
渦 渦
小さな個人の思想や感情は轢殺され白い気体となつて四散する

それ等都会の凡ての沸騰する喧騒を侮蔑する如く澄んだ清朗なる上空に不感無覚の如き表情の孤独の彼女! それはこの上もなく軽快で高貴で美しく魅惑的でさへある
それは地上を天へ繫ぐ桃色の幻影の鎖であらうか?



初出:詩画集『古賀春江』(1934年9月、春鳥会)
底本:古賀春江文集『写実と空想』(中央公論美術出版)p.146-147
関連記事
  1. 2010/07/29(木) 18:00:00|
  2. | コメント:0
<<製作 | ホーム | 感傷>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。