古賀春江資料室

洋画家・古賀春江(1895-1933)のデータベースを制作中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』からの引用

古賀春江(こがはるえ) 1895.6.18. 久留米~1933.9.10. 東京

洋画家。久留米市の善福寺住職古賀正順の長男。幼名は亀雄、春江は通称。1912年上京して太平洋画会研究所に通い、翌年日本水彩画会研究所に入り石井柏亭に師事。一時僧籍に入り大正大学に入学したが、中退して画作を続け日本水彩画会会員となった。22年二科賞を受け、同年中川紀元、浅野孟府ら同志13人と洋画団体「アクション」を組織して、前衛美術の活動を始めた。30年二科会会員。作品は初期の立体派風からクレーの影響を受けた抒情的、童話的な詩情あふれる作風を経て、キリコ風のシュールレアリスムへと変化、日本における超現実派の先駆者となったが38歳で早逝。主要作品『素朴な月夜』(1929、ブリヂストン美術館)、『窓外の化粧』(30、神奈川県立近代美術館)、『深海の情景』(33、大原美術館)。



底本:『ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 第2巻(改訂版)』(TBSブリタニカ、1988年1月1日発行)p.916

※文責不明。また、本文中に『窓外の化粧』の図版が挿入されている。
関連記事
  1. 2010/10/21(木) 18:00:00|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<水絵の象徴性に就て | ホーム | 製作>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。