古賀春江資料室

洋画家・古賀春江(1895-1933)のデータベースを制作中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

水絵の職能とその限界に就いて

 生命力は限りもなく自らの生長を希求し、我々の創造力を刺戟して表現へと駆り立てる。画家は何に縁つてこの自らの表現慾を満す可きか、其の手段として使用される可き材料に就いても文字通りの自由を持つだけ、それだけ我々はその撰択に考慮を要する。完全なる表現は、内なる我等の慾求と、外なる材料と手法との過不及なき渾一融合に俣たなければならないからである。
 我々の表現上に於ける水絵は、実に愛さる可き好き材料の一部面である。
 茲に手法と材料上により観たる水絵の職能に就いて考へるに、創作過程に於ける凡そ二つの段階を占めるかの如く思惟されるのである。
 我等の表現慾が余りに突発的に急拠にして再考練習す可き時間の余裕を容さず、その材料を択ぶ可き場合、即ち瞬間的感興が一時に慂出する場合が一である。それは実に屢々我等の日常経験する所であつて、斯くの如き場合に於てはその単的にして〔#「単」の横に「端」〕要約されたる表現に最適なる水絵は実に好箇の技法である。
 又他の場合に於ては充分に練達されたる技術の上に於て、嘗て修得したる感じの表現をその特性に応じて為されるもの二である。この場合に於ては技巧上に永き修練の経験を要するもので、それの一集大成と見做されるものである。
 この外に猶ほ或る制作の下絵として予め試作される場合もある如く思ふがそれは茲で第一の場合に入れる。
 前者に於ては感興表現慾が主となり、その余りに瞬時的沸騰なる為めに──或は斯くの如き必要の為めに──その最も単的なる〔#「単」の横に「端」〕材料を択んだので、結果に於て軽妙洒脱なる即写画を成すものであり、後者に於ては永き修練より得たる体験の累積に依つて予めその結果を予定して為されたる完成品である。
 両者ともに清朗なる一味の気稟と流麗なる柔か味とは、他の幾多の材料より区別さる可き水絵の特質であり、又その深狭にして雋鋭なる表現はこの一般的特性と云ふ可きである。
 即ち、表現上より観たる水絵の位置は、主としてこの二つの階程に立つものであつて、その中程に於ける表現、例へば、永き時間と労力とを要する堪念なる〔#「堪」の横に「丹」〕制作の如きには不適当と見られるものである。嘗ては、水絵を以て油絵の如く濃厚に微細になどの論もあつたやうに思ふが、それ等は凡そ水絵の本質を思はざる、または誤認したる説と見るべきで、材料の相違は必然に効果の相違を想ふ可きである。一つの制作に、対象の中に没入して永き時間を費し、追及の上に追及して顔料を重厚に重ねる事は、水絵本来の繊細優美なる流動性を殺し、凡ての芸術に必須欠ぐ可からざる生新の気を刹ぎ〔#「刹」の横に「殺」〕、而して単的なる〔#「単」の横に「端」〕表現の持つ矜りである所の積極性を鈍らす。
 我々の今日の生活は複雑多端、表現の材料方法も亦無限豊富を有つものであるが、自由であると共に一面又苦難に満ちた現在に於て、或る朗らかな感懐も限りなく懐かしきものであるが如く、重厚なる材料の間に淡淡たる水絵も必要以上に望ましきものである。
 然し、総じて或るものゝ特性は、又一面自らそのものゝ限界をなすものである。水絵に於けるそれもやがてはそれ自身水絵の境域を画する境界線である。
 故に今日の如き我々の日常生活に於て、或る限られたる境域内に自らを繫縛する事は、この多角的感情の奔溢を遮蔽し、自由なる生命力の進展を阻止し、腐水の如く萎微沈滞せしむる因となるのである。これは真に自己自らを殺すことでなくて何であらう。
 現在我々凡ての覊絆より解放されてゐる生命は、歓びに充ちて充溢する──創造から創造へと。水彩画家といふ言葉、水彩画界といふ言葉、それ等は今日そのまゝ通用さる可く余りに不思議である。水彩と〔#「彩」に「ママ」の注記〕云ふ一の材料は、或る場合の或る感情によつて生かされる。決して我々の高翔飛躍する生命全体をそのまゝ托する力に堪え得ないものと思はれるのである。
一部の人達の如く、水絵を全部的に封鎖し、或は他の材料(油絵等)の従属的関係に於て見る偏見固陋の愚も嗤ふ可きだが、又一方に水絵の能性を誤算して凡ゆる多方面を持たせやうとするものも、まさに水絵の特質を失墜せしめ過信の結果は却つてその独立性を稀弱ならしめるものである。
 材料を材料として如何に生かす可きかは我々が製作に臨んで充分考慮すべき問題である。
 我々は今日の世界に於て何物にも優つて美術家の勝利を確認する。嘗て前世紀の人類が恐らく予想だもし得なかつた能力を代表して、彼等の熱情と信念に依つて賞讃措く能はざる美の境地を拡充伸展し、人類文化の前線に立つて美術家はその指標となつた。疲れることを知らない熱心と、止まることを知らない情熱の炎とに依つて、彼等はその身辺にある凡ての物質を材料として、彼等の世界主に捧ぐ可き新しい花束を拵らへる。昨日も、今日も、おそらく明日も。
 彼等の努力は真に真剣でありまた狂歓である〔#「狂」に「ママ」の注記〕。我々はそれ等今日の道を開拓して呉れた先輩達を礼讃渇仰し感謝すべき多くのものを持つ。而も時々日々動揺し変転し進歩して止まない我々の周囲に対して一日も晏如《あんじょ》たることは出来ない。明日の為めに今日の道を今一歩進めなくてはならないのは我々の義務である。嘗ては先人の残して呉れた道をそのまゝに、安らかな歩みを運べばよかつたかも知れない。然し「師恩」は今日別の解釈に於て感謝されなければならない。それこそ実に我々自身の力に於て。



初出:『みづゑ』222号(1923年8月)pp.2-3
底本:古賀春江文集『写実と空想』(中央公論美術出版)p.16-19
関連記事
  1. 2014/09/11(木) 22:21:20|
  2. 評論・随筆等
  3. | コメント:0
<<病床にて | ホーム | 思ひつく事など─二科と院展 新人の生活態度と其芸術観>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。