古賀春江資料室

洋画家・古賀春江(1895-1933)のデータベースを制作中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

不平不満の解放 寸言・不平不満

 美と芸術、現実存在と本質存在、具象と抽象、認識と観念等に就てのはつきりした理論を持つた批評家が、実際の作品に就いて批評することの少いのを残念に思ひます。今日数多く見る批評といふものは、甚だ無責任な主観的なものが多く、或る場合には極端に感情的でさへもあります。是等はいふまでもなく批評として無価値です。



初出:『アトリヱ』7巻12号(1930年12月)p.57
底本:古賀春江文集『写実と空想』(中央公論美術出版)p.221
関連記事
  1. 2011/01/12(水) 15:00:00|
  2. 評論・随筆等
  3. | コメント:0
<<二科院展に於ける一作家及一作品に対する感想 | ホーム | 美術家の生ひ立ちと其環境(三)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。