古賀春江資料室

洋画家・古賀春江(1895-1933)のデータベースを制作中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第一回帝展概感

 中沢弘光氏、長原孝太郎氏は好きな人です。新井完氏、高間惣七氏、牧野虎雄氏、権藤種男氏、熊岡美彦氏、片多徳郎氏、多々羅義雄氏、池田永治氏は悪るく怜悧でヒネクレた人達だと思ひます。平岡権八郎氏、小寺健吉氏、大久保作次郎氏、清水良雄氏、はヒネクレルだけの元気のない人達の様です。
 総体にもつと悪気を捨てゝ純真無垢な小児の様な心で筆を持たれた作品を見せて欲しいと思ひます。色んな悪るい邪魔者の跋扈で魂が逃げ出してゐると思ひます。



初出:『みづゑ』177号(1919年11月)p.32
底本:古賀春江文集『写実と空想』(中央公論美術出版)p.229
関連記事
  1. 2011/01/15(土) 18:00:00|
  2. 評論・随筆等
  3. | コメント:0
<<橋本八百二氏・堀田喜代治氏洋画展感 | ホーム | 第六回日本水彩画会展覧会所感>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。